ストレスニキビの治し方!ストレスニキビはスキンケアじゃ治らない。

      2017/11/14

スポンサーリンク

大人になって出来るストレスニキビは本当に厄介です。

ニキビ跡が残りやすいし、いくらニキビ予防やニキビ改善のスキンケアを使っても治らないということ。

実際に今悩んでいる方、過去に悩んだことがある方はお分かりだと思います。

そんなストレスニキビ原因や予防法をお伝えします!

きっと共感していただけたり、「あぁ〜そういうことだったのかぁ」とニキビにお悩みの方は感じていただけるとうれしいです、そして原因がわかったらあとはそれを改善するだけです。

ストレスニキビを治していきましょう!!

 

ストレスニキビが出来る原因

画像引用先:http://nikibi.wp.xdomain.jp

ストレスは人間が生きていく上で必要な自律神経が関係しています。ストレスは交感神経を刺激して男性ホルモンをの分泌を増やします。

交感神経・・・身体が活動している時に働く神経(活動中、緊張、ストレスを感じる時)

副交感神経・・・身体を休めている時に働く神経(休息中、リラックス中、眠っている時)

この2つの神経がバランスよく働いていると人間は心も身体も元気でいれるのです。

しかし、ストレスを強く感じると交感神経の方が優位に立ってしまい、バランスが崩れます。

このバランスが崩れるとホルモンバランスが乱れ、皮脂分泌が過剰になったり、肌が極度に乾燥したりなど肌にトラブルが起きるのです。

 

交感神経が優位になると・・・

交感神経が優位になると男性ホルモンが増え皮脂分泌が盛んになります。

これは男性のみに限らず女性にも起こります。

顎や口周り(ヒゲが生える部分)には皮脂線が多いので、皮脂分泌が過剰になると毛穴が詰まりやすくなりニキビができます。

なので、顎まわりや口回りにニキビがよくできる人や、なかなか治らない人、特に生理の時に出来る人はホルモンバランスが乱れている可能性があります

 

『私自身ニキビに悩んできたので、ニキビができている人を見るとつい見てしまう癖があります・・・。10代の若い子は顔全体や頬にニキビができている子が多く、20代、30代になると顎やフェイスラインにひどくニキビができている人をよく見かける気がします。

しかもフェイスラインのニキビは赤くなりやすく、化粧でもなかなか隠れにくいくらい治りにくいのが特徴です。自分自身も20代半ばニキビだらけになった時は口周り中心でした。』

関連記事:胃潰瘍の原因はストレス!胃潰瘍のせいで口周りにニキビ大量!

 

ストレスニキビはスキンケアでは治りにくい

スポンサーリンク

ストレスニキビの原因がわかったように身体の内側の精神面が原因でニキビとして肌に現れてしまいます。なのでいくらニキビ用のスキンケアを使ってもキレイに治る訳がないのです。

 

「ニキビが治らないとまた違うスキンケアを試したくなる・・・」

 

そして効果を感じないとイライラするし、どうして治らないのかもわからない。

そのスキンケアがもし肌に合わなかったらニキビが悪化してしまうこともあります。

そんな不安や苛立ちがストレスになってしまうともっと肌にとっても精神面にとっても悪影響になり、ストレスニキビの治りを遅くしてしまうのです。

 

ストレスニキビの効果的な治し方

外側から治す1番の方法

まずニキビ用のスキンケアを探す前に、そして症状がひどくなる前に皮膚科に行くことを心からオススメします。

皮膚科の先生はプロフェッショナルです。相談も聞いてくれます。

スキンケアも皮膚科の先生に相談すればどういうものを使うべきかその人のニキビの症状で判断してくれます。

※中には皮膚科に行って良い思いをしたことがない方もいると思います。そういう方は友人の口コミやネットの情報などいろいろと調べてみて自分に合った皮膚科を見つけてください。ちなみに私は今まで5、6件回って自分に合う皮膚科を見つけました。

関連記事:ニキビができたら皮膚科へ行く事をおすすめします

 

 

内側から治す1番の方法

自律神経のバランスを整えること。男性ホルモンを増やさないためには副交感神経を優位にさせることです。

 

・気持ちを落ち着かせてリラックスする時間を作る

・汗ばむくらいの運動を継続的にする

・質の良い睡眠を充分に取る

・バランスの取れた食事を1日3食取る

 

全て副交感神経を優位にすることに効果的ですが、私はこの中で一番大切と考えているのは1番上のリラックスすることが重要であると実際に自分の体験から感じました。

ニキビができていると外に出歩いたり、人に会ったりするのも嫌な時があると思います。

そんな時は家の中でできるリラックス方法としてDVDを見たりアロマを焚いてゆっくり本を読んだり、好きなことを思いっきりしてリラックスすると必ず自律神経は整い肌状態も表情までも良くなります

そして、ニキビができていると気になって触ったり、鏡を見る回数がやたら多くなって鏡を見るたびに自分のニキビが見苦しくて落ち込んでは悲しくなったりするのでリラックスする時間はなるべく鏡を見ないこと!

そして今だけ!必ず良くなる!ということを自分に言い聞かせてポジティブになってください。

関連記事:免疫力低下でニキビが大量発生!免疫力が低下した原因とは?

 

まとめ

ストレスは目に見えません。身体の内側のケアは本当に大切です。リラックスする時間をうまく作ってください。

将来の自分の肌や身体のためです。そして、自己流スキンケアはしないこと。皮膚科に必ず行って相談してください

「これを使えばニキビは治りますよ」とニキビに悩んだことのないショップの店員さんから言われるより、皮膚科医の先生から言われた方が説得力あります。

人それぞれ自分にとって何が心のやすらぎか、どんな時にリラックスできるのか、ということは違うので自分の心地良い時間を見つけてほしいです。

恋愛がうまくいかない・・・人間関係がギクシャク・・・なんてことでストレスが溜まることもあります。

そんなことが負の連鎖としてストレスニキビとして肌に現れたり、胃潰瘍になったりしないように自己管理をしっかりして最悪の状態になる前に予防してください。間違ったケアをしなければ、早めのケアをすればきっとあなたの肌はキレイになります!

関連記事:ニキビは皮膚科で治せる?処方されるベピオゲルの効果と副作用は?

 スポンサーリンク

 


 - ニキビの原因になる可能性のあるもの, 私自身のニキビや肌荒れ体験談