白ニキビを早く治す!跡が残らない綿棒でやさしく潰す方法!

      2017/11/14

スポンサーリンク

白ニキビができてしまうと、ついつい潰してしまうという方も多いと思います。

白ニキビが出来てると目立つので人に会うのも恥ずかしいし、人の目線気になるし、お化粧でもなかなか隠れないので厄介者ですよね。

しかし、白ニキビも間違った潰し方をすると悪化してしまったり、ニキビ跡が残りやすくなります。

白ニキビができるたびにわざわざ皮膚科には行けません。そんな時の白ニキビが悪化しない、跡が残らない白ニキビのケア法をお伝えしたいと思います。

 

 

 

ニキビ跡が残らない白ニキビの潰し方

 

 

 

 

 

・清潔な綿棒を2本準備します。

白ニキビがポツンとできたら綿棒2本であまり手に力をいれずにニキビを挟むようにして白ニキビの膿を出すと良いです。

白ニキビだとやさしく挟むようにすればすぐにピュッと出てきます。

この時白い液体だけ出る場合と、ある程度白い塊が出る場合とあります。

白い塊のような物が出る時はこれはニキビの芯です。

この芯をきちんと出さないと白ニキビを潰してもまた白ニキビが同じ場所にできる可能性があります。なので白い物は全部出してください!

あくまでもやさしく力の入れすぎには注意です!

ニキビを強く押してしまうと、ただでさえ皮膚が炎症を起こしているのに刺激を与えてしまうことになります。

ニキビの下の皮膚組織が傷ついてさらに炎症を起こしてしまい、治りにくくなったり、ニキビ跡として残ってしまう可能性が高まります。

関連記事:黒ニキビの治し方!安全な芯の出し方でニキビ跡なし!

 

 

白ニキビを潰す1番おすすめな時間

スポンサーリンク

お風呂上がり(夜)

お風呂上がりがおすすめです。

お風呂で化粧も落として顔が清潔な状態に処置すると、お風呂上がりは蒸気で肌が柔らかくなっているので膿がでやすいです。そして夜の方があとは寝るだけなので外的刺激も受けず寝ている間にニキビの炎症を抑えてくれます。

潰した後は、血か透明の液体がニキビから出ます。これもある程度拭き取って潰した場所にニキビ用の薬を塗る。薬は手ではなく新しい清潔な綿棒でやさしく塗るの方がおすすめです。

この時いつも洗顔後につける化粧水や乳液などはニキビ部分には塗らなくてだ丈夫です。極力潰したニキビには触れないことが大切だからです。

関連記事:ニキビは皮膚科で治せる?処方されるベピオゲルの効果と副作用は?

 

 

まとめ

皮膚科に行くとまず潰されます。

これも皮膚科で潰してもらうと薬まで塗ってくれるので治りは早いですし、自分でするより安全です。

しかし、最初にも言いましたがニキビができるたびに毎回皮膚科には行けません。なので皮膚科で薬をもらって自分でケアする私のやり方のご紹介をしました。

白ニキビが出来たからといって必ず潰す必要はないです。ただ、もし少しでも早く治したい場合はこのやり方をすると早く治ります!!薬も重要なので皮膚科に行ってください。

関連記事:ニキビができたら皮膚科へ行く事をおすすめします

スポンサーリンク


 - ニキビの種類 ,