石鹸洗顔はニキビ肌におすすめ?肌荒れや乾燥の心配は大丈夫?

      2017/11/15

スポンサーリンク

洗顔石鹸派ですか?それとも洗顔フォーム派ですか?

みなさんお気に入りの洗顔や洗顔タイプがあると思います。

ニキビができている、ニキビができやすい、そして私は石鹸派なんです!

という方に私の経験を元に石鹸について、そして洗顔石鹸についてお伝えしたいと思います。

 

ニキビもできやすいが乾燥もしやすい私の肌

学生の時からニキビができやすい肌質。

幼少期にアトピーだったので冬の記事は乾燥もしやすくなる。

ストレスや生活環境、食生生活の変化ですぐにニキビができやすい。

 

今までさまざまな種類の石鹸で洗顔しました

・無添加石鹸

・少し金額の高いエステメーカーの石鹸

・ニキビケア用石鹸

・皮膚科で買ったピーリング石鹸

etc…

かなり色々と使いました。

無添加系は石鹸素地のみの石鹸も使っていた時期もありました。

しかし、

乾燥がひどい、ニキビ治らない

そして

何よりも石鹸は減りが早い!

高いものは続かなかったし、安いのを買えば顔の脂分をゴッソリ取られたような、洗顔後の顔はパキパキ状態。

毛穴も開きがすごかったのを覚えています。

ニキビが早く治りたくて石鹸も取っ替え引っ替えしてました。

効果もわからずに・・・

そして、現在は保湿重視の洗顔フォームを使用中。

石鹸使ってないのに石鹸のことを書くのもなんですよね。

中にはやはり石鹸派!という方のためにこの内容を書かせていただきました^^

関連記事:ぬるま湯洗顔っていいの?ニキビ肌に最適なのはぬるま湯洗顔!

 

石鹸成分の特徴

スポンサーリンク

石鹸は基本的にアルカリ性でできています。

肌は酸性です。

なので酸性の肌にアルカリ性のものをつける肌の上で中和してしまいます。

このことにより肌の皮脂をゴッソリ落としてしまうので、石鹸で洗顔した後は乾燥しがちなのです。

弱酸性は肌にやさしい?

 

よく弱酸性は肌に良い、やさしいと言いますが、酸性の肌を弱酸性のもので洗うということなので汚れがそんなに落ちないということです。だから肌にやさしいという意味なのです。

悪く言うと汚れが取れていないかも。ということ。これはニキビ肌の方にはおすすめしません。

’’肌にやさしい’’という言葉だけに惑わされてはダメです。

そして、石鹸はアルカリ性なので、弱酸性の石鹸などあれば、それは洗浄成分として化学成分が配合せれている可能性があります。

肌が敏感な方は成分をしっかりとチェックしてください。

 

石鹸のph値

石鹸はph(ペーハー)値であらわすと酸性は1〜6,中性は6〜7.5、アルカリ性は7.5以上。

洗顔にとって最適なph値は弱アルカリ性7.5〜8.5くらいが適度に汚れが取れて肌に必要な皮脂は残してくれるというものになります。

無添加石鹸はph値10くらいです。いかに石鹸がゴッソリいっちゃうかこの数値でもわかりますね。

 

どんな石鹸を選べば良いのか

基本的に石鹸成分は肌の脂分をごっそりと落としてしまうので保湿成分や植物オイルが配合された石鹸がおすすめです。

その中でもセラミドやコラーゲン、植物オイルだとホホバオイルやオリーブオイル、椿オイルなど配合のもの。

洗顔後に乾燥を極度に感じない石鹸選びをしてください。

ph7.5〜8.5くらいの洗顔や石鹸は洗顔後に乾燥を感じることがほぼないです。

 

ニキビができやすい人は石鹸選びに注意!

ゴッソリと必要な皮脂まで取ってしまうことは肌の免疫力を低下させたり、刺激を受けやすい肌になってしまう可能性があります。

また、極度な乾燥状態をそのままにしておくと、皮脂が過剰にでてしまい、肌がテカリ気味になったり、皮脂が毛穴に詰まってニキビができやすい肌になってしまいます。

また、すでにできているニキビは乾燥によって刺激を受けやすくなり、ニキビが悪化してしまったり、近くにまた新しいニキビを作ってしまったりします。

乾燥を感じるか感じないか、それぞれ肌質によって異なるので、

とにかく洗顔後に極度に乾燥しない石鹸選びをしてください。

関連記事:冬に注意したい肌の乾燥ニキビ!その原因は冷え性も関係あり?

 

しっかり泡立てて洗顔しよう

よく泡立てることも面倒で石鹸を少し手につけてぬるま湯と混ぜてそのまま顔につけて洗顔をするという方もいますが、

ニキビに悩んでいるのならすぐにやめましょう。

しっかりと泡立ててニキビになるべく触れないよう二、刺激を与えないように泡でやさしく洗うことがニキビにとって最適です。

関連記事:正しい洗顔の回数は何回すべきか?ニキビ肌やオイリー肌の人の場合

関連記事:ニキビを招く3つの間違った洗顔の方法!今日から見直そう!

 

 

まとめ

ニキビに悩む方で石鹸洗顔を実際にしている方、これから考えている方の参考になればと思います。

洗顔に重視したいのは「新しいニキビができない」「ニキビを悪化させない」ということです。

ということは洗顔後に乾燥しない!乾燥しにくいもの!ということです。

現在ニキビに悩んでいる方で石鹸洗顔をしている方、これから考えている方は、使用中はしっかりと自分の肌を観察してください。

保湿成分の配合された石鹸成分から注目してみてください。

関連記事:ニキビを悪化させていた・・・その間違った原因とニキビケアは?

スポンサーリンク


 - 私自身のニキビや肌荒れ体験談 ,