梅雨の時期に要注意!肌にもカビ?!ニキビと似た症状・・・

      2017/11/16

スポンサーリンク

これから梅雨の時期・・・

ジメジメ、ベトベト、私の一番嫌いな時期です。

紫陽花がキレイだったり雨の日に行くと風情があって。なんて場所があったりそういうのは好きなのですが、

湿気が嫌いなのです。なぜならカビや菌が発生しやすいから。

みなさん肌のカビが原因で皮膚に炎症が起こる事を知っていますか?

 

肌のカビによる炎症ってどんなもの?

画像引用先:http://guguruki.com

人間の肌には常にカビがいるのをご存知ですか。

マラセチア菌という常在菌です。

この菌の数が汗をかく時期である梅雨や夏になると異常に繁殖したりして皮膚に炎症を起こしてしまう場合があります。

マラセチア菌は皮脂が大好物なので皮脂が過剰に分泌してしまう場合や、汗をたくさんかくと菌が繁殖しやすい状態を作ってしまうのです。

見た目はニキビにとても似ていて自分で判断することはかなり難しいです。

皮膚科に行って診てもらうことをお勧めします。あまりにもひどい症状の時はしっかり検査してもらって塗り薬をもらって治療です。

 

私は以前ニキビが口周りに出来ていた時、初めて美容皮膚科に行きました。「美容皮膚科」ってなんか皮膚科より効果ありそう!とか女性向けな感じでキレイになれそう!

ってイメージありませんか?

私そこへ行き先生から普通にニキビの薬を出されました。しかし全然治らず・・・

先生はこう言いました

「もしかしたらカビかもしれないから薬をカビ用の薬に変えてみよう」

 

そして薬が変わり・・・

 

悪化しました

 

今思うとこの診察かなり適当だったんだなって思います。

こんな事もあるのできちんと肌の菌を取って検査してくれる皮膚科を受診してください。

この後皮膚科を変えて美容皮膚科ではもらった物と違うニキビの薬をもらいすぐに治りました。

結局この私の体験はカビではなかったのですが、皮膚科の先生も間違うほどニキビとマラセチア菌による皮膚炎は似ているということです。

関連記事:ニキビではなく「酒さ」?「酒さ」って何?その原因と画像

 

マラセチア菌による皮膚の炎症の出来やすい場所

スポンサーリンク

・頭皮

・顔

・背中

・胸元

・お尻

皮脂分泌の多い場所です。

 

肌をカビから予防するためには

肌を清潔に保つ事が大事す。

といってもどうすればいいのか。あまり潔癖になるのも良くないのでできる事から^^私も梅雨と夏の時期は実践しています。ニキビも予防のためにも!

 

・枕カバーをこまめにかえる

・ファンデーションを塗る時のスポンジや筆もこまめに洗う

・出来れば朝もシャワーを浴びる

・肌に直接触れるものは毎日変える

・汗を拭くものは清潔なタオルやティッシュ(特に顔)

 

梅雨の時期汗をかきやすい時期は心がけましょう。

皮脂分泌が多いのが原因だからって顔や体をゴシゴシ洗うのも洗いすぎるのは良くないです。

梅雨の時期は湿気があるから冬より肌が乾燥を感じにくいと思う方も多いと思いますが、

冬と変わらず年中保湿は大切です。特にスキンケアを変えるようなことはしなくて大丈夫です。

 

まとめ

カビによる皮膚炎は見た目がニキビにそっくりなので気になる方は皮膚科できちんと診察してもらってください!

梅雨は肌に限らず湿気によりカビが発生しやすい時期です。

肌に負担をかけないように毎日の生活の中でできることからこまめに実践してカビによる皮膚炎もニキビも寄せつけない肌で梅雨の季節を乗り越えましょう!

関連記事:寒暖差アレルギーによる湿疹って何!?ニキビのような症状?

スポンサーリンク


 - ニキビに関連する病院の話