カナダのバンクーバーの気候や水事情は大丈夫?敏感肌は肌荒れしない?

      2017/11/14

スポンサーリンク

世界一住みやすい都市としても選ばれたことのあるバンクーバー!

私はカナダバンクーバーに約1年ほど留学していた経験があり、

これが初めての海外生活で言葉の不安ももちろんありましたが、

1番心配だったのは肌荒れ

ニキビができやすい体質で肌も強い方ではなかったので、日本でも気候の違いや水の性質の違いで肌荒れした経験があり、それが海外となるとまたとてつもなく心配でした。

今回は約1年カナダはバンクーバーに住んでいた時の気候や水事情を踏まえてカナダに行った時の参考になればと思います。

 

まずは基本的なバンクーバーの気候

カナダはバンクーバーの気候

画像出典先:http://www.ryoko.info/

5月〜10月は乾季

4月は日本と同じようにダウンダウンで桜を見ることができます。しかし、この時期もまだ少し肌寒いといった感じで曇りの日や雨の日が多いです。

サマータイム

6月〜8月は私がバンクーバーで1番好きな季節でもあったサマータイムです。

朝は早くから日が昇り、夜は10時くらいまで真昼間と同じくらい明るいです。

日本のように梅雨の時期がなく湿気がなくてドライなのでカラッとしていてジメジメとした感覚もなっくカビも生えません。ダウンタウンなら蚊もいません。

サマータイムの日差しはかなり強いので帽子やサングラスを日常的にかけている人が多いです。日焼け止めは必須アイテムです。

 

11月〜4月は雨季

バンクーバーはレインクーバー(Raincouver)と呼ばれるほど雨が多く曇りの日が多いです。

サマータイム以外は空が曇っていたり、雨が降ったりがとても多いのです雨具は手放せませんが、基本的にカナダ人は傘を持たずにパーカーやジャンバーのフードでしのぐといった感じです。

1日中曇りで雨で朝も昼も夕方まで同じような暗さだった日も多々ありました。

しかし、雨の時期だからといって室内で湿気に悩まされるようなことはないのでご安心を!

各家庭には部屋中が暖かくなるような暖房機があります。日本と違って廊下やトイレが寒いといったことがないので、寒い時期になると今度は室内が逆にかなり乾燥します。

お風呂に入ったあと使ったタオルが翌朝パリパリに乾いています。

 

バンクーバーの春夏秋冬を通しての肌状態は?

スポンサーリンク

湿気は多少ある方が良いと言われますが、日本の梅雨の時期のように湿気が多いと不快な気分になるのは私だけでしょうか・・・

サマータイムと真冬は要注意!

湿気があり、カビが生えたりという心配は全くないのでどちらかというと夏は空気の乾燥と日焼け、冬は部屋の暖房による乾燥

これさえ注意すれば快適に過ごせます。

特にシャワー上がりなどはお湯を使ってそのあと暖房の聞いたとてもドライな部屋に向かうので肌がカピカピに乾燥します。

すぐに保湿しないと、パリッっと皮が剥けそうです。

保湿グッズはとても貴重です!

肌が敏感な方はきちんと愛用中のスキンケアや化粧品をしっかりと日本から持って行ってください。

関連記事:冬に注意したい肌の乾燥ニキビ!その原因は冷え性も関係あり?

 

バンクーバーの水は硬水?軟水?

基本的にカナダは硬水が多いようですが、バンクーバーの水は実は軟水なのだそうです。

カナダは山や川が多いので硬水の多い地域がほとんどですが、バンクーバーの水源元は雨量がからきているので日本と同じ軟水と言われています。

カナダも広いのでロッキーマウンテンのあるカルガリーやバンフなどは硬水なのかもしれませんね。

文章引用:http://lifevancouver.jp/2015/10/

 

日本人の肌には合うのか?

日本と同じ軟水なので肌荒れの心配もほぼないと思います。

私自身も水で肌が荒れることはありませんでした。

顔を洗ったり、髪の毛を洗って特に何も支障がなく快適に過ごせました。

水道水も比較的飲めると聞きましたが、私のホームスティ先は一応飲み水は浄水器のような物が付いている方を飲んでいました。

日本と同じですね。

関連記事:アミノ酸系シャンプーの成分が原因?敏感肌の方には知って欲しいこと

私のホームスティ先の話

私はバンクーバーに住んでいた期間はホームスティでした。

その家は皿洗い機を使っている時はシャワーを浴びれないというシステムで、これは家の作りがそうだったのかシャワーもなるべく早く済ませないと!といった感じでした。

なので、バンクーバーに留学する前にシャワーの時間がかからないように長い髪の毛をボブに切って行きました。

特殊だったのかもしれませんが、こんなパターンもありますということを知っていただければと思います。

 

まとめ

カナダは緑が多いのでバンクーバーもたくさん公園があったり、ダウンタウンも緑が多いので空気はとても良いです。

乾燥と紫外線対策さえすれば肌荒れすることもなかったです!

しかし、海外用のスキンケアは肌が敏感な方はまずはボディ用から試したりするなど試行錯誤した方がおすすめです。

心配な方はきちんと日本からスキンケアや化粧品も持っていってください。

空気も良いし、自然も多いのでストレスフリーな生活が送れていたせいか肌の調子もよかったのかもしれません。

関連記事:ストレスニキビの治し方!ストレスニキビはスキンケアじゃ治らない。

スポンサーリンク


 - 私自身のニキビや肌荒れ体験談, 肌が敏感な方、ニキビ肌の方へオススメ ,