必見!花粉症による肌荒れの悪化あり!その対策と予防法は?

      2017/12/02

スポンサーリンク

花粉症をお持ちの方、毎年、年明けあたりから花粉症の予防対策のために

病院に行って点鼻薬や目薬、花粉症用の飲み薬をもらいに行かなければならない方も

多いと思います。

私自身も27歳の時に突然花粉症になりました。

花粉症とは無縁と思っていた20代後半に発症してしまいました・・・

今回はその花粉症の時期に悩まされるくしゃみや目の痒みなどプラス

肌荒れに関する内容を書かせていただきます。

花粉症を発症してから5年経ち、その時の体調や花粉の飛散状況などによって

肌もとても敏感になり、ひどい肌荒れをした時期もあり、自分なりの予防対策をやっと見つけました!

 

花粉症によるパーツ別肌荒れ症状

花粉症の時期に肌の痒み、乾燥、ニキビなどの吹き出物に悩まされるという方は

多いと思います。

目付近

花粉症特有の症状である目の痒み、目の周りの皮膚はとても薄いため何度も目を掻くと

シワやくすみの原因となってしまいます。

シワは掻きすぎることにより皮膚が伸びて戻らなくなってしまいます。

若いうちは大丈夫!というのは注意です!

くすみに関しては目の掻きすぎによる乾燥からできるくすみです。

目の周りの皮膚が敏感になってしまい紫外線やアイシャドーなどの刺激を受けやすくなり、

色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

 

鼻付近

花粉症の症状である鼻水が原因で鼻周りが肌荒れを起こします。

鼻をかむ時のティッシュや素手と皮膚の摩擦によっての乾燥

また、何度も摩擦を繰り返すと皮膚が擦れてしまい乾燥がひどくなり、ヒリヒリと感じてしまう症状が出ます。

また、鼻水が気になってついつい素手が鼻や鼻の下に何度も触れてしまうとニキビの原因となる

アクネ菌に悪影響を与え、ニキビを作ってしまうこともあります。

何度も繰り返される摩擦によって肌は敏感にもなってしまいます。

 

フェイスライン、あご周り

花粉症による直接的な症状はありませんが、やはり花粉症の症状として肌は敏感になっています。

花粉予防としてマスクをずっとつけていることによりフェイスラインがマスクによる摩擦

乾燥したり、ニキビを誘発してしまう可能性もあります。

関連記事:マスクが原因でニキビができる?ニキビが悪化するって本当?

 

顔全体

皮膚が敏感になっているので顔全体が乾燥したり、赤くなって痒みを起こしたりします。

よって化粧ノリが悪くなったり、今まで大丈夫だったスキンケアや化粧品が突然合わなくなる

もあります。

 

関連記事:肌荒れの原因は何?新しいスキンケアを試すタイミングが重要?

 

花粉症による肌荒れ対策も早めに!

スポンサーリンク

花粉症による症状が出てしまってから対策をするのでは遅いのです。

私自身も耳鼻咽喉科の先生に言われました・・・

ちなみに私はスギ花粉とハウスダストにがっつり反応していました。

 

自分がどの花粉に反応するのかをしっかりと病院で調べてもらう

毎年どのくらいに飛散するのかのチェック!

飛散前に!症状が出る前に対策を!

 

花粉症といえば、スギ花粉、ヒノキ花粉が1番多いと言われていますが、通年さまざまな花粉が飛んでします。

花粉の飛散前、スギ花粉の場合はだいたい2月頃から飛び始めるので

1月に入ってから病院で点鼻薬や目薬など使用を始めると良いです。

自分が何に反応しているのかきちんと調べて早めの対策をおすすめします。

 

3つの花粉症のよる肌荒れ予防対策

花粉症にも重度の症状の方もいれば、軽い症状の方もいます。

花粉症対策をしっかり前もってしていれば、目の痒みや鼻水などから起こる肌荒れも予防、

そして軽減することができます。

スキンケアを変えない

花粉症の時期は新しいスキンケアにトライすることはやめましょう。

肌が敏感な状態になっているので新しいスキンケアにより肌荒れを起こす可能性が

高くなります。

生理前に肌荒れを起こすのと同じように、肌が敏感な時期は保湿を重視した敏感肌にもやさしい

スキンケア選びをしましょう。

関連記事:生理前の肌荒れがひどい。肌が敏感になってしまう原因は何?

 

肌にやさしいマスクやティッシュ

目の痒みによる涙を拭いたり、鼻をかむ時のティッシュは肌にやさしい保湿成分を含んだ

ティッシュをおすすめします。

この時期、私は鼻セレブさまさまです。

普通のティッシュより柔らかく肌辺りがやさしいので通常のティッシュより肌への摩擦の負担を

軽減できます。

また、最近はマスクの質も上がって肌にやさしいマスクや、オーガニックコットンでできた布の

マスクなどもあります。フェイスラインの摩擦をなるべくさけるためにマスク選びも重視してみてください。

 

肌免疫力アップのための食事や規則正しい生活

食べ物からしっかりと栄養を摂って規則正しい生活をすることや充分な睡眠をとることが

肌も含め体全体の免疫力もアップするため、特に花粉症の時期は気をつけたいものです。

 

・レンコン

・しそ

・ヨーグルト

・玉ねぎ

・青魚 etc…

 

色々とありますが、魚、肉、緑黄色野菜などバランス良くしっかりと食べ、旬のものを中心に

食べると免疫力はアップし、健康に過ごせます。

ちなみに、11月〜2月が旬のレンコンはアレルギーや花粉症などに効果的だと医学的にも証明されたのだとか。

関連記事:薬膳料理を食べる会!春の旬のものを食べて肌も体も元気に!その1

 

まとめ

花粉症の時期って本当に辛いですよね。

花粉症になって2、3年は慣れず、症状が出てから病院に行っていました。

毎年症状には差がありますが、予測ができないのが難点です。

だったらやはり、症状が出る前に早めの対策が必要です。

花粉症による肌の乾燥、痒み、ニキビの悪化など体験し辛い思いをしたので

自分なりにも予防法を考えました。花粉症の時期の肌荒れは本当に辛い・・・

今年もしっかりと前もって対策をし、体調を崩さないように食生活にも気をつけます!

花粉症をお持ちのみなさん!花粉症に負けない肌、体つくり頑張りましょう!

注目されている舌下免疫療法について本気で悩むスギ花粉による花粉症対策!舌下免疫療法ってどんな治療?

スポンサーリンク


 - 肌が敏感な方、ニキビ肌の方へオススメ , ,