ニキビの辛さはニキビに悩んだ人にしかわからない!


ニキビに効く&美肌に良い〜

ニキビは化粧水だけで効くの?化粧水と乳液の役割って何?

投稿日:

スポンサードリンク

ニキビに悩んでいる方

洗顔後、お風呂上がりにどんなスキンケアをしていますか?

同じブランドのものがあれば

化粧水乳液、美容液、クリーム

などすべてのステップをしなきゃニキビは治らない!

肌は綺麗にならない!

と思っている方も多いと思います。

 

ニキビ肌だったら化粧水だけでも効くの?

それともやっぱり乳液も必要?

 

そんな疑問を持った人のためにニキビ肌にとって

化粧水乳液はどんな役割をしてどんな効果をもたらすのか、

そして、必ず使う必要があるのかというところをお伝えします。

 

化粧水の役割とは?

化粧水とは・・・洗顔によって失われた肌の水分を補うもの。また、肌の状態を整えて次の次に使用する乳液やクリームを浸透しやすくする。

ニキビができている、ニキビができやすい方は

自分はオイリーだからニキビができると勘違いしている方が多いです。

 

「自分はオイリーだから化粧水だけで大丈夫。」

「さっぱりしたいから。」

 

と言われる方を多く見かけます。

それは大きな間違い、そして余計に肌をオイリーに

そして、ニキビを作ってしまう原因になっているのです。

 

ニキビ肌が化粧水だけではダメな理由

化粧水は水です。

肌は常に外気に晒されている状態です。

なので化粧水をつけた後、肌表面で蒸発してしまうのです。

化粧水だけをつけて肌を放置しておくと

余計に肌は乾燥してしまいます。

 

私のブログで何度も言っていることなのですが、

肌の乾燥は皮脂分泌を過剰にし、

毛穴を詰まらせニキビを作る原因となって

しまうのです。

これは私も10代20代前半まで勘違いしていたことです・・・

 

ニキビができやすい?オイリーな原因は乾燥かも?!

上記のようにもしかしたら肌は乾燥していて

皮脂分泌が過剰になっているためにオイリー肌

テカテカな顔になっているのかもしれません。

また、表面は乾燥を感じないのに皮膚の中が乾燥している

インナードライ肌という状態もあります。

特に夏の時期に注意なのできになったらご覧ください。

夏に注意!インナードライ肌って何?乾燥性脂性肌?

「冬の時期よりはそんなに肌の乾燥が気にならないから大丈夫!」 「夏は汗もかくし、ベトベトするのが嫌いだからさっぱり目のスキンケアで十分!」 という考えの方は多いのではないでしょうか?実は冬よりも夏の方 ...

続きを見る

 

乳液の役割とは?

スポンサードリンク

保湿作用と皮膚表面に皮膜を作るもの

乳液は少し油分を含んでいるので

肌の表面に水分の蒸発を防ぐために膜を張る。

と思っていただけたら簡単です。

なので上記でお話したように化粧水をしたら乳液を塗って

水分の蒸発を防ぐ必要があるのです。

 

ニキビ肌は注意が必要!

乳液は化粧水より油分が多く、

クリームは乳液よりも油分が多いと言われています。

皮脂分泌が十分である年齢(40代以下)

油分の配合された乳液やクリームをつけすぎると、

毛穴が詰まっって吹き出物やニキビができる場合があります。

 

どんな化粧水や乳液がニキビにおすすめなのか

これは成分に注目していただきたいです。

そして、ニキビにとって大切なことは

 

乾燥しないこと(肌の保湿を満たす)

油分の多いものをたくさんつけない

 

肌の乾燥を防ぐためにはセラミド

肌の水分の80%を維持しているのはセラミドです。

セラミドが正常に機能していないと乾燥肌になります。

 

セラミド生成に大切なのは肌のターンオーバー

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのこと。

正常な肌状態だと28日周期で生まれ変わります。

肌のターンオーバーは睡眠中に行われるのでセラミドが生成される

のも睡眠中に行われる

ということです。

規則正しい睡眠時間をキープして肌の代謝を常に整えましょう。

関連記事

肌のターンオーバーの意味って何?肌の新陳代謝とも言う?

よく「肌のターンオーバーが・・・」とか 「お肌の新陳代謝が・・・」 という言葉を化粧品屋さんやスキンケアショップに行った時にきいたことありませんか?   まず 肌のターンオーバー=肌の新陳代 ...

続きを見る

 

セラミド配合スキンケアの選び方

ちまたでは、擬似セラミドといものが出回っているのです。

セラミドに似た類似物質です。

これはセラミドと似た構造を持っているのですが

効果ははるかに本物のセラミドよりも劣ります

 

セラミドの後に数字が付いているものが本物のセラミド
  • セラミド2
  • セラミド3

この数字のついたセラミドが通常化粧品に使われている本物のセラミドです。

しかし、2016年あたりからセラミド表記がアルファベットに変更されました。

  • セラミド2 → セラミドNG or NS
  • セラミド3 → セラミドNP

 

化粧品に含まれる油分

オイルやクリームなど油分の多いものをいくつも

つけてしまうとニキビの原因となってしまいます。

オイルの種類として

鉱物油

ミネラルオイルとも言われています。

石油から作られた油です。

軟膏やワセリンなども鉱物油からできています。

皮脂の代わりになると考えていただいたらわかりやすいと思います。

肌の水分の蒸発を防ぐために鉱物油で蓋をして膜を張るということです。

しかし、肌に浸透はしないので保湿を満たすという役割はありません

 

植物油

ホホバ油、オリーブ油、椿オイル、ローズヒップ油、マカデミアナッツオイル

など植物油も最近はよく見かけるようになりましたね。

オイルなので多く塗りすぎるとべたつきます。

使用感とオイルそれぞれの効能をしっかりと調べて使用してください。

 

動物油

エミューオイル、スクワランオイル、など動物から取れたオイルです。

日本でよくみかけるのはスクワランオイルですね。

化粧品で多く使用されているスクワランオイルは深海鮫の肝油から

抽出されたオイルです。浸透性が高く、美肌効果も高いオイルなので

近年人気のオイルです。

 

ニキビに鉱物油はオススメしない

ニキビ肌には鉱物油はオススメしません。

いろんな意見があるようですが、私の経験上です。

 

1つはやはり石油系でできているということ。

脂焼けなど、肌のくすみや色素沈着の原因にもなる可能性があります。

ということはニキビ跡がシミになったり、色素沈着として肌に残る

可能性もなきにしもあらずということです。

2つ目は水分の蒸発を防いでくれるという役割だけ。保湿はできないということ。

肌本来のうるおいは満たされないので、やはり私は素肌自体をしっかりと

うるおして健康な素肌になりたいです。

植物油や動物油などは人の皮膚の構造に必要な保湿成分や成分もあります。

そして肌にやさしいので使っても安心です。

 

まとめ

ニキビ肌にとって化粧水、乳液の役割や必要性を

わかっていただけたでしょうか。

ニキビ肌は化粧水だけではダメ

乳液やクリームのつけすぎに注意

成分も見てみる

 

成分ってとっても大切です。

あまり難しいことになると見ることも面倒・・・

となる気持ちもわかりますが。

ニキビができやすい、ニキビ肌である、という方は

いかにニキビを跡が残らずに早く治すか、

新しいニキビを作らないようにするか

ということが大切です。自分のニキビが嫌なら少し

面倒なことでもきれいになるために努力が必要です。

一生皮膚科にはいけません。

治すのは自分次第です。

一緒に頑張りましょう!!!!

スポンサードリンク


-ニキビに効く&美肌に良い〜
-, ,

Copyright© 30代でもまだ悩むニキビ体質改善ブログ , 2018 All Rights Reserved.