脂性肌だからニキビができやすい?間違っている勘違いな原因

   

スポンサーリンク

よく聞きます。

「私は脂性肌だからニキビができやすい・・・」

「私はオイリー肌だからすっきりタイプのスキンケアがいい・・・ 」

「ニキビができやすくてすぐ脂っぽくなるからしっとり系のものは苦手・・・」

 

これは全部勘違いでした・・・私も今まではそう思っていました。ニキビができやすいから脂性肌というのが間違っているということです。主な原因は自分にスキンケアにあったことがわかったのです。

 

まず・・・

 

なぜ脂が出るのか、脂性肌と感じるのか

人の肌は乾燥を感じると肌が「乾燥しているから肌を潤わさなきゃ!」と反応し必要以上に皮脂を分泌してしまうのです。この過剰な皮脂の分泌が毛穴を詰まらせてニキビが出来てしまいます。生理前や思春期にニキビができやすくなるのはホルモンバランスの変化により過剰に皮脂が分泌してしまうこと主な原因です。このホルモンバランスの変化以外の原因としては「肌の乾燥状態」が脂性肌の原因なのです。

 

『肌がオイリーだから、脂性肌タイプだから』『べたつかないスッキリしたものがいい!』

『化粧水だけで済ませている』『乳液は油分が入っているから肌がオイリーなのに油分をプラスしたら余計脂性になってベトベトしてニキビ出来やすくなりそうだし』

と勝手に思っている人が多いようです。

だから私は教えてあげたいです!私自身がそれで今までたくさん失敗をしてきたから!

 

脂性肌の人はどんなスキンケアをすることがベストなのか

まずはしっかりと保湿をすることです。脂性肌タイプの方も保湿が大切です。化粧水だけではダメです。化粧水は「水」なので少し時間が経てば蒸発してしまいます。肌が乾燥を感じてしまう時点でNGです。洗顔後にすばやくしっかりと保湿を補って過剰な皮脂の分泌を避ければニキビは確実に出来にくくなります。同時に脂性肌と感じることも防ぐことができるのです。

スキンケア選びの時に気をつけること

♥セラミド配合のものを選ぶ(保湿重視)

♥アルコールフリー、エタノールフリーのもの(肌に刺激のある成分は避ける)

♥化粧水など水状ののもではなくジェルやミルクタイプを選ぶ。植物オイルであればOK!ex)ホホバオイル,椿油,マカダミアナッツオイルetc…(植物オイルの保湿力は優れているものが多いです。しかしベタつきが気になる方は軽めのものを選ぶ)

 

スポンサーリンク

  

脂性肌と思っている人が絶対にしてはいけないこと

・洗顔のしすぎ

・熱湯での洗顔

・洗顔後のスキンケアをしない

この3つはすべて肌の乾燥を招いてしまいます。洗顔は朝晩の2回。洗顔の際はぬるま湯が一番おすすめです。洗顔後はかならず速やかに保湿を!

肌がオイリーになっているとついつい洗顔してスッキリしたい!とか脂取り紙で脂を取りまくる。とかしてしまいたくなる気持ちもわかりますが絶対にダメです!結局は素肌が十分に保湿されてない、うるおいが満たされてないことによって脂が出てしまうのです。熱湯での洗顔は肌を痛めてしまい赤ら顔の原因になる可能性もあるので要注意です!

 

まとめ

自分で勝手に脂性肌だから・・・脂性肌だからニキビができやすいと思っている方は必ず今の自分のスキンケアを見直してください。保湿を満たすだけでもかなり肌の状態は改善されます。もちろんニキビにも効果てき面です!新しいスキンケアを試す前は肌に合わなかったらどうしようと不安になることもわかります。でも今の自分の肌状態に満足していなかったら思いきってトライしてみてくださいね。

脂性肌とニキビの改善が同時に見込めますから!

 

スポンサーリンク


 - 私自身のニキビや肌荒れ体験談