あぶらとり紙がニキビの原因になる?実はティッシュが良い!?

      2017/07/11

誰でも1度は使ったことがあると思います。

 

あぶらとり紙

 

私はよく中学や高校生の時使っていた記憶があります。顔のテカリって気になりますよね。まだ学生時代は化粧もしていませんでしたが、化粧に興味が出てきますし、思春期ニキビができたり、オシャレや美容にも目覚め始める歳なのであぶらとり紙というものを知るのもこの頃でした。

実は、その「あぶらとり紙」が原因で余計にテカリを発生させていたり、脂性肌やニキビができやすい方は、ニキビの原因にもなっている可能性があります。

脂と取る専用の紙なのでやはり、通常の紙やティッシュよりも脂の吸収率はかなり良いです。

あぶらとり紙で脂がたくさん取れた時の紙の脂のつき具合を見るのが快感だったりしませんか?毛穴スッキリパックで毛穴の角栓が取れた時のように(笑)

 

スポンサーリンク

 

あぶらとり紙がニキビの原因やテカリの原因になる?

あぶらとり紙を使ったら必ずニキビができたり、テカリやすくなる。と言うわけではありません。使い方に注意が必要なのです。まず肌トラブルを起こさない使用法として

 

・あぶらとり紙を肌に擦り付けたようにして使わない

・毎日何回も使わない

 

ついつい脂が出ていたら気になって何度も使ってしまうことはありませんか?

 

人間の肌には必ず必要な脂分があります。その脂分は肌のツヤをよく見せたり、肌のうるおい、ハリなどを保ってくれる人間の肌に必要な脂分のことです。

あぶらとり紙を何度も使うとその肌に必要な脂分までも奪ってしまい、肌は常に乾燥状態になってしまいます。人間の肌は乾燥を感じると脳が肌に「肌が乾燥しているから肌を潤せ!」と指令を出し、この時、肌をうるおす為に過剰に皮脂を分泌させてしまいます。

この過剰な皮脂の分泌により、毛穴が詰まってニキビができたり、脂が出すぎて肌の上でファンデーションと混じって酸化して雑菌が繁殖してニキビができやすくなったりするのです。

健康な肌であればその脂分は常に正常に保たれています。

また、あぶらとり紙を擦り付けたように肌に雑に扱うのも素肌にとって良くないことです。もしニキビができているのにあぶらとり紙を擦ってしまうとニキビが潰れて悪化してしまう可能性が高くなります。

顔の肌は敏感なのでやさしく当てるようにして使用してください。

 

スポンサーリンク

 

あぶらとり紙ではなくティッシュで代用!

実はティッシュが顔の余分な皮脂と汚れを適度に取ってくれる万能なものだとご存知ですか?

あぶらとり紙→脂のみとるもの

ティッシュ→脂、汗、汚れを取る

これ見ただけでティッシュが良さそう!って思いませんか?

実はティッシュをやさしく肌に当てるだけで余分な脂や汗、汚れまで取ってくれます。お化粧直しする時もティッシュでやさしく脂を取った方がファンデーションのノリも良くなるし肌にもやさしくてニキビなどのトラブルを起こしにくいです。

ティッシュにも最近は保湿に特化したやわらかいティッシュなどもあります。そのようなやわらかい肌触りのやさしいものだとより肌にも良いです。

 

 

脂性肌、テカリの原因は肌の乾燥にあり!

あぶらとり紙の流れからテカリや脂性肌に悩む方にお伝えしたいことがあります。

自分は脂症だから、ニキビができやすいからと、洗顔やお風呂上がりに化粧水だけしか塗らないとかさっぱり系の物しかつけない。という方も多いのではないでしょうか。上記の原因でもお話ししたように、実は肌が乾燥をしていて、そのことが原因で皮脂が過剰分泌している可能性がとても高いです。

まずこれを読んで、そうかも!と思った方は洗顔あと、お風呂上がりにすみやかに乾燥を感じないように保湿をしてください。セラミド配合の肌にやさしいジェルやクリームなどがオススメです。

これを見直すだけでもテカリやニキビが改善されます。

関連記事:脂性肌だからニキビができやすい?間違っている勘違いな原因

 

 

まとめ

一概にあぶらとり紙を使用するな!と言っているわけではありません。もし、自分が脂性肌やテカリ、ニキビに悩んでいてあぶらとり紙を何度も使っていたり、肌をゴシゴシしていたりしたら見直していただきたいと思いました。

そしてティッシュで代用できるということ。肌に必要な脂分は残しておかないといけません。すっぴんの時、あぶらとり紙で脂を取ったあと、肌に油分がなく毛穴が少し目立つように乾燥している状態を見たことはありませんか?

私はその皮膚の状態を覚えています。あぶらとり紙は10代の時に使っていましたが今はやわらかいティッシュでお化粧直しの際に軽く抑えるくらいです。脂ごっそり取られた感がないのでやはり肌にとって良いです。

肌の脂分の仕組みを知って脂性肌やニキビ体質とうまく付き合ってきましょう!

関連記事:正しい洗顔の回数は何回すべきか?ニキビ肌やオイリー肌の人の場合

スポンサーリンク


 - 肌が敏感な方、ニキビ肌の方へオススメ