麹納豆の簡単レシピ!その美肌と健康への効能は?

      2017/07/27

麹納豆を知っていますか?納豆が大好きな方はもっと好きになると思います。そして、ご飯と一緒に食べるとご飯が進む進む!!今回はその簡単レシピと麹納豆のうれしい美肌と健康への効能をご紹介します。

 

まずレシピをご紹介の前に麹納豆に使う食材の紹介!

納豆

人参

塩昆布

白ごま

これらの美肌と健康への効能を簡単にご紹介してレシピ紹介しますね!^^

 

スポンサーリンク

 

麹とは・・・

米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたもの。

食品を発酵させるためにはコウジカビや青カビなどの「カビ」や、ビール酵母やパン酵母などの「酵母」といった微細物が必要です。「麹」はその微生物の一種です。

 

麹の美肌効果成分はビタミンB2とB6!!

ビタミンB2は肌の新陳代謝を助けてくれるので、くすみ、ニキビ跡、シミなどに効果的です。肌の代謝が乱れるとさまざまな肌トラブルが現れます。麹が体の内側から健康な美肌へと導いてくれます。また、髪の毛のツヤやハリにも効果があり、健康な美しい髪の毛にしてくれます。

ビタミンB6は体の成長や皮膚や髪の毛、爪などの健康を保つために人間の体に必要なたんぱく質源です。ビタミンB6が不足すると肌荒れや皮膚炎、口内炎などができやすくなります。健康な強い体には不可欠なビタミンとしてビタミンB6はとても重要と言われています。

またビタミンB6は皮脂の分泌を抑える働きがあるので、脂性肌やニキビのできやすい方、乾燥によるテカリにお悩みの方には効果的です。

関連記事:天然100%甘酒パックの美肌効果はすごい!ニキビも撃退!

関連記事:夏に注意!インナードライ肌って何?乾燥性脂性肌?

 

栄養抜群の納豆の効能

ビタミンB群が大変豊富で、麹でも紹介したようにビタミンB群は美肌と健康に必要不可欠なビタミンです。また納豆には納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸とう成分があり、その保水力はヒアルロン酸の10倍とも言われています。

また、大豆のサポニンという成分は抗酸化作用を持ち、肌の老化を抑制してくれるのでシミやシワなどエイジング効果に期待できます。

 

人参の栄養と言えばカロテン!

人参の代表的なビタミンといえばカロテン(ビタミンA)です、その他にもカリウムや食物繊維などもありますが、この人参のカロテンは実は人参の皮に多く含まれているのだとか。加熱調理した方がカロテンの吸収率が上がります。

このカロテンは体の免疫力を強くし、皮膚や粘膜の免疫力アップに効果的で風邪予防などに最適です。また免疫力あアップの繋がりから肌状態をよくする効能もあり、乾燥肌や脂性肌など肌状態が不安定な肌を健康にしてくれます。

 

昆布の健康体への効能!

麹納豆に使う昆布は「塩昆布なのですが」昆布の効果として紹介します。昆布はミネラルと食物繊維が豊富です。

その中でも食物繊維のアルギニン酸が、高血圧や動脈硬化に効果的です。アルギニン酸は腸内でコレステロールを吸着し、排出してくれる作用を持っています。また腸内環境を整え、便秘の解消にも効果的です。

昆布のイメージとして「フコイダン」という食物繊維の一種も聞き慣れた方も多いと思います。このフコイダンはサプリメントとしても注目されている成分で、肝機能の向上や免疫力アップ、そして胃がんの原因になるピロリ菌の除菌ができるという研究結果も報告されています。

関連記事:胃潰瘍の原因はストレス!胃潰瘍のせいで口周りにニキビ大量!

 

スポンサーリンク

 

白ごまのうれしい効能!

ゴマといえばセサミン!これもサプリメントとして聞きなれた成分ですね。また、エゴマ油も少し前に人気が出てその美容と健康効果も紹介されて有名になったほどです。

まずセサミンは強い抗酸化作用を持ちます。この抗酸化作用はシミやシワなど老化防止に効果的です。またビタミンEが血行を良くし、毛髪に栄養が届き髪の毛のツヤやハリに効果的で抜け毛や白髪予防になるとも言われています。

血管を広げ、血管を丈夫にするので血液がサラサラになり、高血圧や動脈硬化、冷え性に効果があります。

鉄分も多く含むので貧血にも効果があります。ごまを食卓に置いて毎日定期的に摂ると健康が維持できるとも言われているので即実践してみてください。

 

 

これらの食材が1品に詰まっていると考えただけで栄養価が高く健康になれる!と思いますよね!!^^

ではでは麹納豆の簡単レシピの紹介です。

 

麹納豆の簡単レシピ

用意するもの

麹 200g

納豆200g(納豆3パックでOK)

人参1本(千切り)

塩昆布25g(スーパーにある塩っぺオススメ)

白ごま20g

しょうゆ150cc(こいくち)

みりん150cc

 

作り方

1、麹は手でバラバラにしてほぐしておく。人参は4cm〜5cmくらいの千切りにする。

2、鍋にしょうゆとみりんを入れて、一煮立ちさせたら、千切りにした人参をさっと入れて、火を消す。

3、2をボールに移して少し冷ます。(60℃くらい)これは5分〜10分くらい冷ます感覚で。暑い状態で麹を入れると麹菌が死んでしまうからです。

4、少し冷めたら麹を入れる。

5、納豆と塩昆布、白ごまを入れてさらに混ぜ合わせる。あた熱が取れたらタッパーに移し冷蔵庫で保存。だいたい賞味期限は1ヶ月くらい。

 

おわり!

 

まとめ

麹の栄養、そして美容と健康効果に加えてその他の食材の栄養もプラスされた最強の健康食、「麹納豆」です。

1度食べるとハマってしまいます。食に詳しい知り合いから教えていただいて、それから自分で作り、今では母親を始め、親戚や友人にも作り方を紹介して大人気です^^健康維持、美肌維持のためにもぜひ作ってみてください。

ちなみに塩麹も自分で作って、料理の際にお肉やお魚のお供に大活躍しています。

関連記事:天然100%甘酒パックの美肌効果はすごい!ニキビも撃退!

 

スポンサーリンク


 - ニキビに効く&美肌に良い〜