ニキビ薬の効果が知りたい方必見!病院で処方されたニキビ薬!

      2017/11/14

スポンサーリンク

ニキビができるとすぐに治したい!治りたい!と思うのが普通です。

私は体質上ニキビが出来やすく、肌がキレイな時とニキビだらけになる時とかなり浮き沈みがあり、日々ニキビと戦っています!

今ではニキビはスキンケアや化粧品だけではなく体の中や精神面からの影響もあるということがわかりうまく自分の肌と付き合っています。

今回は、私が今まで試した病院(皮膚科)で処方されて効果のあったニキビ薬と効果のなかったニキビを紹介します。(あくまでも私の場合です)

 

一番ニキビに効果的だった2つのニキビ薬(即効性あり)

ベピオゲル

画像引用先:https://www.bihakuskincarenavi.com/

この薬は比較的新しい薬だったので数年前に処方され即効性があることにびっくりし、私が今まで使ったニキビ薬の中で1番効果のあったニキビ薬です。

使い始めは薬を塗った部分が痒くなり赤くなったりしましたが、それはほとんどの人が感じる副作用です。

皮膚科医の先生に言われた通り数週間すると肌が慣れました。

ニキビの種類にもよりますが軽度なもの(白ニキビや黒ニキビ)は特に治りが早く跡も残りません。

炎症を起こした赤ニキビは根気強く塗っていれば、塗らずに治療するより確実に治りは早いです。

赤ニキビは紫外線や外的刺激には要注意でなので、触ったりして刺激を与えず日焼け防止は徹底してください。

試したことがない方には私は心からこの薬をおすすめします。最終的な判断はその時にかかった病院の先生の判断ですが、この薬を知ったことで尋ねてみるもの良いです。

 

関連記事:ニキビは皮膚科で治せる?処方されるベピオゲルの効果と副作用は?

関連記事:黒ニキビの治し方!安全な芯の出し方でニキビ跡なし!

関連記事:痛くて治りにくい赤ニキビを早く治す方法は何?知らないと危険!

 

ディフェリンゲル

画像引用先:http://nikibi-nakunaru.com/

社会人になって初めて病院(皮膚科)にかかった時に処方されました。この時は私は口周りを中心にニキビが多発した時でした。

これもペピオゲルと同じように使い始めは副作用で痒みと赤みが出ます。塗った部分の乾燥もとてもはげしく皮が剥けるくらい乾燥します。

ここで結構みなさん不安になり大丈夫かなと使用をやめてしまう方が多いと先生から聞きました。

しかし、これが効いている証拠なのでその時を我慢すればキレイな肌になると言われました。初めてのニキビ薬は不安になり電話で尋ねたのでした。

この副作用も数週間すると肌が慣れます。そしてこの薬はニキビの予防にもなるので出来ているニキビとその周りの皮膚にも塗っていました(先生から言われました)

使い続けて1ヶ月後くらいにキレイな肌に生まれ変わりました!ニキビ跡も残りませんでした。

ただ一つ!ディフェリンゲルはベピオゲルと違い長期間使用すると肌が慣れて薬が効かなくなるという特徴があります。

関連記事:ニキビは皮膚科で治せる?処方されるベピオゲルの効果と副作用は?

 

この2つのニキビ薬が1番効果を発してくれました。しかし、2つとも乾燥や痒みの副作用がひどく出る場合があるので一緒に保湿剤やヒルドイドローションを処方されたことがありました。

 

効果がなかったニキビ薬

スポンサーリンク

・ダラシンTゲル

・アクアチムクリーム

 

この2つは抗菌剤(抗生物質)としての塗り薬です。ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌してくれる作用を持っています。塗った時に刺激も副作用もありません。

これだけを処方された時はニキビが治っている、効いているという感覚はほぼありませんでした。

ベピオゲルとディフェリンゲルを処方された時に同時に処方された時もありました。この2つもディフェリンゲルと同様に、長期で使用すると肌が慣れて効き目がなくなってしまうというデメリットを持っています。

 

体の内側からニキビ治療

ニキビは塗り薬を処方されること以外に内服薬も処方されることがあります。よく聞く有名な内服薬としては「ミノマイシン」です。

ミノマイシン とは

抗生物質の1種で、さまざまな菌を抑える効果がありニキビ治療以外にも処方されるケースもあります。ニキビの原因となる菌を体の内側から抑える効果をもたらすと言われているためニキビの内服治療薬として処方されることの多い薬です。

ミノマイシンの副作用に注意

ミノマイシンの副作用としてめまいや吐き気が出る可能性があるという報告があります。

また、重度な副作用が起きる可能性もあり、発熱や発疹、目の充血や体中のかゆみ、口内炎なども挙げられています。長期で使用するとシミができやすくなったり、日光が過敏に反応してしまう光線過敏症を起こす可能性もあります。

 

胃に負担をかけない漢方治療

私は社会人になって胃が弱くなり、病院の先生に伝えると「ニキビの内服薬は胃に負担をかける可能性がある」と言われたため、内服治療をしたことがありません。

私の弟がニキビがひどい時にミノマイシン飲んでいると言っていましたが、即効性があるようで効き目が早いと言っていました。

しかし薬を飲んだら良くなる、飲まなかったらニキビがまたできるという繰り返しのようでそんな飲み方は絶対体に良くないのでやめるように勧めたのでした。薬なのでやはり長期で飲みたくないのが本音です。

そんな方でも体の内側から体質改善してくれる胃に負担をかけないニキビにおすすめの漢方を処方してもらいました。約1年くらい飲んでました。胃弱、胃酸過多な私にも胃に負担なく続けることができました。

その漢方が「十味敗毒湯」という漢方薬。漢方はやさしく長期で飲むことで体の中から改善するように施すものなので根気強く続けることができました。

即効性はありませんが体全体ニキビができにくくなったように感じました。試したい方はぜひ病院(皮膚科)の先生に尋ねてみてください。

関連記事:ニキビは漢方で効果あり!おすすめツムラの3つの漢方薬

 

まとめ

ニキビができて不安に思ったら、早く治したい!と思ったらまず病院(皮膚科)に行ってください。ニキビも病気の一つです。

ニキビの勝手な自己判断は本当に危険なので必ず皮膚科医の先生に相談してください。

私がおすすめしたニキビ薬を使用したことがなかったらぜひおすすめなので病院(皮膚科)に行って先生に尋ねてみてください。

ニキビ跡が残らないように、滑らかな肌に戻るように必ずニキビ肌脱出への最短の道です。

 

関連記事:ニキビができたら皮膚科へ行く事をおすすめします

関連記事:ニキビ用化粧品は必須なのか?まずは見直すべきニキビを治す重要な方法!

スポンサーリンク


 - ニキビに関連する病院の話 , ,