夏に注意!インナードライ肌って何?乾燥性脂性肌?

      2017/08/02

「冬の時期よりはそんなに肌の乾燥が気にならないから大丈夫!」

「夏は汗もかくし、ベトベトするのが嫌いだからさっぱり目のスキンケアで十分!」

という考えの方は多いのではないでしょうか?実は冬よりも夏の方が肌が乾燥しているかも!?

 

それがインナードライ肌という肌の外側ではなく肌の内側が実は乾燥をしていて肌トラブルを作っている可能性があるということです。

夏はエアコンや紫外線の影響で肌の内側を乾燥させます。特に年々ひどくなる紫外線の肌への影響は乾燥だけでなく、シミ、シワ、くすみ、ニキビ跡などの原因にもなるので要注意です!

 

スポンサーリンク

 

インナードライ肌って何?

肌表面はテカるほど皮脂が出ているのに、肌の内側は乾燥していて、肌の水分量が少ない肌のことです。この肌の状態のことを乾燥性脂性肌とも言います。肌の内側の水分量が少ないということは健康な肌状態ではないので肌の新陳代謝が正常に行われず、シワ、たるみ、シミ、ハリ、ニキビなどのさまざまな肌トラブルを起こしてしまいます。

 

この肌状態に気づいていない方が意外と多いということを知っていただきたいです。

 

「頬は乾燥するけどTゾーンはテカるんです・・・」

「肌がつっぱりを感じる時もあれば脂も多いのでテカりが気になります・・・」

「毛穴が目立って、カサカサするのに脂が出やすいから混合肌なのかもしれません・・・」

 

全てインナードライ肌(脂性乾燥肌)の可能性があります。

 

 

インナードライ肌(乾燥性脂性肌)の原因は?

インナードライ肌の原因は乾燥です。肌は乾燥すると人間の脳は肌のうるおいをキープするために皮脂を分泌します。この時に肌の乾燥がひどいと皮脂を過剰に分泌してしまいます。

その状態の時にどうしても「脂分」が気になり、自分は「脂性肌だ」とか「いつもテカって脂性」と勘違いしてしまうのです。

そう思うと脂性肌用やさっぱり系のスキンケアを選んでしまい、保湿が充分に満たされていないと、どんどん悪循環になりいつまでも肌状態が改善されないのです。

その乾燥を招く原因は前でもお話ししたように、エアコンや紫外線、間違ったスキンケアなど外的な原因も多いですが、ストレス、不規則な生活や睡眠不足などが自律神経を乱し、肌の乾燥として肌に現れる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

インナードライ肌(乾燥性脂性肌)の改善策は?

脂性肌だから、テカリ気味だからと顔の脂分をとりすぎないこと!

あぶらとり紙やティッシュで頻繁に脂をとりすぎないことが大事です。また、脂が気になるからと何回も洗顔をするのはNGです。朝と夜の2回で充分です。運動して汗をかいたりした時は除いて、何度も気になって洗顔するのはやめましょう。余計に肌が乾燥してインナードライ肌がひどくなってしまいます。

 

洗顔はぬるま湯で!洗顔料は洗顔後のひどく乾燥を感じるものはやめる!

人肌より少しぬるいくらいのお湯が適度に肌の脂分を残してくれます。お湯が熱すぎると肌に必要な脂分までもゴッソリ取られてしまい肌はカサカサになるので注意です。よくお皿洗いの時にお湯で洗った後手がカサカサになった経験がある人も多いと思います。その状態が顔で起こってしまうと、肌の保水機能を下げてしまいます。

また洗浄力の強い洗顔料は肌に必要な脂分まで洗浄して流してしまい、常に乾燥状態になると肌が敏感になってしまうので保湿成分の含まれた洗顔料や洗顔後になるべく乾燥を感じない洗顔料がオススメです。

関連記事:正しい洗顔の回数は何回すべきか?ニキビ肌やオイリー肌の人の場合

 

洗顔後、お風呂上がりのスキンケアは5分以内に!

お風呂上がりや洗顔後はすみやかに5分以内に保湿するしてください。お風呂上がりは洋服を着たり、色々とすることがあってついついスキンケアは後回しなんてことも多いと思いますが、この5分以内!どいうのがとても大切です。

何かしていると時間はすぐに経ってしまいます。お風呂上がりにエアコンの中へ、扇風機の前へとスキンケアをせずに行くと肌は乾燥して脂分を分泌してしまいます。これがまたインナードライ肌への悪循環の道です。必ずすみやかに保湿をしてください。

 

しっかりと保湿をすること!

忙しくても時間がなくても洗顔後、お風呂上がりは保湿だけは必ずしてください!自分に合ったスキンケアで肌の乾燥を感じない保湿を!セラミドやコラーゲン配合のものがオススメです。セラミドは肌のうるおいをキープしている成分で肌の水分量を補ってくれます。

オールインワンタイプのものも最近は多く見かけるので個人的にもオススメです。自分の生活や肌に合った保湿スキンケアでしっかりと保湿してください。

 

 

まとめ

意外と自分がインナードライ肌(乾燥性脂性肌)と気づいていない方は本当に多いです。特に夏の時期は要注意なのでぜひこれを機会に見直していただきたいと思います。

自分はテカリ症・・・脂性肌・・・と思い込んでなかなか改善しない方はインナードライ肌の可能性大です。

肌の内側のインナードライ肌を必ず改善して肌の内側も外側もうるおいをキープしましょう!突然、肌診断をされても「お肌の水分量満たされてますね〜」と言わせちゃいましょう!笑

 

スポンサーリンク


 - 夏の肌トラブル