ニキビ跡に劇的な効果!代謝を上げるために運動をしよう!

      2017/10/24

スポンサーリンク

25歳を過ぎてシミができてきた。

ニキビが治りにくくなった。

ニキビ跡が残りやすくなった。

そう感じたことがある方も多いのでは?

実際に私がそう感じました。そして30歳を過ぎた今、肌の悩み以外にも特にお腹周りの肉ががなかなか落ちにくくなったり、お酒を飲んだらむくみやすいとか。言い始めたらキリがないのでこの辺でやめておきます(笑)

しかし、肌の悩みは加齢と共に尽きないものですね。特に30代に入るとシミ、ニキビ跡のケア!エイジングケアも気にし始める年頃です。

 

肌の代謝とは・・・

健康な肌の新陳代謝は28日と言われています。特にこれは20代の頃・・・それが加齢と共に代謝(肌のターンオーバー・・・肌の表皮の細胞の生まれ変わり)が遅れてしまい、シミ、くすみ、ニキビ跡がシミへとなって肌に現れてくるのです。

私のような30代になるとターンオーバーが40日くらいになるとか・・・ショック。自分の肌でも代謝の遅れがわかるようになってきました。私の場合はニキビ、ニキビ跡でわかります。

しかし、この肌の代謝をアップさせて健康な肌でいるための方法を私は見つけました!現在も実践中なのですがかなり調子が良いので紹介したいと思います。

 

肌の代謝を上げる3つの方法

スポンサーリンク

オススメする順番に書いています。

運動をする

なかなか忙しい毎日だと適度な運動を毎日することは難しいかもしれませんが、

1日に10分〜20分歩いたり、エクササイズ、ストレッチをすること。この時に少し汗ばむくらいの運動をすることをとってもオススメします。

運動して汗を書くと血流がよくなり肌色が良くなる。

また汗と共に老廃物も排出されるのでニキビも長引かず、ニキビ跡も代謝がアップすれば肌の代謝も良くなるのでシミになる前に予防することができます。

運動をすると便秘の解消にもなるので体の内側からも肌トラブルを予防できます。

 

適度なピーリングをする

 

 

 

 

 

加齢と共に肌の代謝が遅れてしまうことは仕方がないことでもありますが、代謝が悪いことによって必要のない古い角質が肌に蓄積されたままになっていると、くすみやシミのトラブルが起きやすくなります。

また、ニキビも古い角質がたまると毛穴が詰まってニキビを誘発させてしまいます。

なので、ピーリングによって古い角質を除去し、肌のターンオーバーを整えることによって肌色が明るくなったり、シミやニキビなどのトラブルを予防してくれます。

もちろんニキビ跡も肌の代謝が正常であれば跡に残らずにキレイに直してくれます。

しかし、日焼けにだけは注意が必要です。日焼けをすると色素沈着してしまい、シミよりやっかいなニキビ跡になります。

 

質の良い睡眠とバランスの良い食事

質の良い睡眠はとても大切です。

肌のゴールデンタイムは夜の22時〜夜中の2時までと言われて入るのも有名です。この時間帯が最も肌の新陳代謝が活発に行われる時間帯です。

できればこの時間帯に眠りにつきたいものです。適度な運動をするとぐっすりと質の良い睡眠ができるとも言われています。

そして、体の基本となる食事。1日3食、朝昼晩と規則正しい食事をして食事からもしっかりと栄養を取りましょう。

シミやニキビ跡、美白にはビタミンCを、血行促進やアンチエイジングにはビタミンEを!毎日の食事で内側からニキビを寄せ付けない、ニキビ跡を残さない抗酸化作用の強い食材から栄養を取ってください。

 

まとめ

全ては私が体験したこと。私が現在実践中のことです。

少し前からジムに行き始めて肌の調子がかなり良いです。

生理前にできるニキビも数日ですぐ治るし、跡が残らなくなりました。たまに大きいニキビができる時は日焼け(紫外線)だけには注意してニキビになるべく刺激を与えないように気をつけています。

運動をすることは体の健康、肌の健康のためにもとてもオススメです。ぜひ試して自分の肌状態を見てください。

関連記事:ストレスニキビの治し方!ストレスニキビはスキンケアじゃ治らない。

スポンサーリンク


 - その他