肌の乾燥がニキビの原因に?秋に念入りにすべきニキビ対策とは?

      2017/11/14

スポンサーリンク

秋の季節のスキンケアってちょっと油断しがちだと思いませんか?

春は花粉、夏は紫外線、冬は乾燥、秋は?

他の季節は明確な問題がありますが、この秋が意外と重要な季節だったりします。

夏の強い紫外線を浴びた肌、そして冬の寒い中乾燥する肌この季節の間こそ夏の肌の後ケア、

そして冬の肌への準備が必要なのです。これはニキビにもよ〜く関係していることなのでしっかり聞いていただけると嬉しいです。

意外と勘違いしているニキビの原因もあるのでそこをぜひ知っていただきたいです!!!

 

乾燥がニキビを作るメカニズム

実は乾燥はニキビにとって1番の大敵です。

よくニキビができやすい方は自分は脂性肌、オイリータイプと思い込んでいる方がとても多いのですが、実はこれも元の原因は乾燥の可能性が高いのです。

健康な肌は乾燥を感じると肌を潤すために皮脂を分泌します。この時、健康な肌に必要な皮脂までも洗い流され、肌が極度に乾燥を感じたまま肌を放っておくと肌は脳からの指令で「肌を潤せ!」「皮脂を分泌しなさい!」と過剰に分泌してしまうのです。この時に肌はテカテカのオイリー肌になったり、最悪の場合は過剰な皮脂が毛穴に詰まりニキビとなってしまいます。

関連記事:夏に注意!インナードライ肌って何?乾燥性脂性肌?

 

 

なぜ秋の時期に念入りにケアすべきか

スポンサーリンク

夏は1年のうちで強い紫外線が降り注ぐ日が最も多いです。

年々紫外線が強くなってきているとも言われています。

そんな夏の時期に浴びた紫外線はニキビにも肌の奥の組織にまでダメージを与えています。

この夏のダメージを負った肌を冬の寒い乾燥する時期になる前の秋の時期にケアしておくべきなのです。

 

紫外線が与えるニキビへの影響

紫外線は皮膚の奥の真皮という皮膚組織までも到達します。

現在できているニキビ、そして少し前にできたニキビ跡は紫外線を浴びると確実に悪化します。

ニキビやニキビ跡はしっかりとケアをしないと後々シミや色素沈着として一生消えない跡として残ってしまうのです。

夏の時期にたっぷり浴びた紫外線で肌の奥は確実にダメージを受けています。そんな肌状態から秋の時期にニキビやニキビ跡がシミとして、色素沈着として残る前にしっかりとケアをしなければなりません。

関連記事:活性酸素が原因で肌が老化?ニキビの原因にもなる活性酸素

 

秋の重要な3つのニキビケア!

保湿

脂性肌、オイリー肌だからさっぱり系の化粧水しかしない!なんてことはダメです。

保湿成分としてセラミドやコラーゲン配合の保湿クリームやジェルでしっかりと保湿してください。

お風呂上がりや洗顔後に保湿重視のケアをして肌が乾燥を感じないようにしてください。

夏に浴びた紫外線が肌の保湿を保つ皮膚組織にダメージを与えています。

また乾燥による過剰な皮脂分泌も避けるために保湿してください。

秋の時期から次第に乾燥する季節に入ります。

とくに大人ニキビは乾燥で悪化しがちです。秋の季節からしっかりとした保湿対策を心がけてください。

 

ビタミンCを積極的に摂取

食べ物からビタミンCを摂取して肌の免疫力をアップしてください。

サプリメントからでも良いです。身体の健康のためにも効果的です。

また、肌に直接のケアとしてビタミンC誘導体という成分が含まれた美容液やフェイスパックがオススメです。

ビタミンC誘導体はシミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれる働きがあります。

よってニキビ跡やシミに効果的で、市販ではニキビ跡ケアとしても売っていますが、美白スキンケアの商品も多いです。加齢や生活環境の変化、ストレスなどによって肌のターンオーバーが乱れることによる肌のくすみやシミ、ニキビ跡などにも効果的です。

秋のビタミンCを多く含む食材

  • れんこん
  • じゃがいも
  • ブロッコリー

一般的にビタミンCは加熱処理すると成分が崩れやすいと言われていますが、れんこんのビタミンCはでんぷんによって熱から守られているので加熱処理してもビタミンCが崩れにくいです。またじゃがいもとブロッコリーも熱に強いと言われています。

関連記事:肌のターンオーバーの意味って何?肌の新陳代謝とも言う?

 

日焼け対策

夏にたくさん浴びた紫外線によってニキビが悪化しないように、そしてニキビがニキビ跡のシミとして残らないために紫外線は防御して日焼け対策を念入りにしましょう。

9月もまだ紫外線は降り注いでいます。UV対策は年中必要と言われているので肌に負担をかけないUVでしっかりと日焼け防止してください。

日焼け止めによってはニキビが悪化るす可能性もあります。

日焼け止めやメイクがしっかりとクレンジングで落ちていないと毛穴に詰まってニキビの原因になってしまいます。

石けんで落ちるタイプや敏感肌の人にもやさしい日焼け止めがニキビの原因にもなりませんし、ニキビの悪化もしません。

関連記事:ニキビ、敏感肌の私がおすすめする日焼け止めはコレ!!

 

まとめ

夏に強い紫外線を浴びた肌は肌のバリア機能、免疫力が落ちている可能性もあります。

その状態のままいきなり秋の季節になり乾燥の季節に入ると肌状態は余計に不安定になってしまいます。

肌の免疫力の低下、肌の乾燥はニキビを誘発します。

冬の寒い乾燥する時期になる前にしっかりと肌をいたわって念入りな保湿ケアをしてください。

そしてニキビ跡を残さないように、新しいニキビを作らないように乾燥いない健康な肌の状態で冬を迎えましょう!

関連記事:免疫力低下でニキビが大量発生!免疫力が低下した原因とは?

スポンサーリンク


 - 身体のニキビや肌トラブル ,