便秘が肌荒れやニキビと関係していた?!病院で言われた事実!!

   

スポンサーリンク

現在、便秘に悩んでいますか?

私は基本的に便秘体質な方ではないのですが、生理前や風邪を引いいた時は必ずと言っていいほど便秘になります。

今回は実際に私自身が、病院の先生から言われたことを元に便秘が肌荒れやニキビ関係していることについてお話しします。

まさか本当に肌と便秘が関係しているなんて思ってもいませんでした。

 

私が病院(胃腸科)に行ったきっかけ

20代前半に胃潰瘍になり、それからが慢性的に弱くストレスがかかったり、

体調が悪い時や疲れがたまると、胃が痛くなったり、肌にニキビとして現れるという体質になりました。

胃に関しては胃酸過多になってしまいました。

いつも病院でもらうのは胃酸を抑える薬と消化を助ける薬をもらうのが恒例というかいつものパターンでした。

この過去の経験から胃に少しでも違和感を感じると痛くなる前に治療したいので、すぐにかかりつけの胃腸科に行っています。

それが昨年の話でして、胃に違和感を覚え病院へ行きました。

関連記事:胃潰瘍の原因はストレス!その症状は肌荒れニキビに吐血・・・

 

病院での問診

胃腸科の先生にいつからどんな症状だったのか聞かれ答えました。

私:「3日前に夕食前の空腹時にお腹が痛いというか違和感があり、

それから空腹時をあまりつくらないようにちょこちょこ食べて昨日は過ごしました。

もし前のように痛くなったら嫌なので早めに病院に来ました」

 

先生:「便は出ていますか?

 

私:「昨日は少し出ました。でもスッキリしない感じです」

 

先生:「はいわかりました。じゃあ横になってください。」

「左のお腹にガスが溜まってるね。違和感あるのはどの辺ですか。

お腹の真ん中付近ですね。便も少し溜まってますね。

おそらく3日前のお昼に食べたものが何か消化不良を起こしたんでしょう。

みぞうち付近は大丈夫ですか。この辺が痛かったり違和感があると胃潰瘍の可能性があります」(私のお腹を軽くポンポンしながら言われました)

 

私:「みぞうちは大丈夫です」

 

先生:「まだ乾燥する時期なので肌が乾燥すると腸から水分が取られて肌を潤そうとするから、

便の水分が取られて便が硬くなって便秘になりやすいようにもなるんですよ。

なので水分をこまめに取るように心がけてくださいね」

 

私「へぇ〜そうなんですね。わかりました。肌も関係しているんですね。知りませんでした・・・」

 

会話終わり。

 

便秘の仕組みとは

スポンサーリンク

私たちが食べた食べ物は様々な消化器官を通って最終的に腸内で水分を吸収され、ある程度固まってから体外へ排出されます。

しかし、便秘はこの腸内で便となって出る働きの際に水分が無く、過度に固まってしまった便が腸内に溜まってしまいます。

この行程が次から次へと行われ、どんどん腸内に固まったままの便が溜まっていくという状態になってしまうのです。

 

便秘と肌の乾燥

「乾燥する時期なので肌が乾燥すると腸から水分が取られて肌を潤そうとするから、

便の水分が取られて便が硬くなって便秘になりやすいようにもなるんですよ」

先生から言われたこの言葉の通り、特に秋冬など空気の乾燥する時期は便秘による肌の乾燥に要注意です!

便秘になってしまった水分のない硬い便が溜まった状態では、肌を十分に潤おすこともできません。

体中の水分が足りないと肌の水分量も減り、便秘にまでなってしまうなんてとても悪循環です。

 

なぜニキビと便秘が関係あるのか?

肌の乾燥はニキビを招くから。

肌は乾燥すると肌をうるおそうと過剰に脂分を分泌してしまいます。

その過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まってニキビとなります。

これが1つの理由です。

関連記事:冬に注意したい肌の乾燥ニキビ!その原因は冷え性も関係あり?

関連記事:肌の乾燥がニキビの原因に?秋に念入りにすべきニキビ対策とは?

 

2つ目は、先生の話通り肌が乾燥すると便から水分を吸収して一時的に肌を潤しますが、この時便が硬くなるので便秘になります。

便は有害物質です。

体内のいらないものが集まったものが便。

便が身体の中に長時間あると血中に老廃物が流れ出してしまい血液はドロドロになってしまいます。

このドロドロ状態の血液は体中を駆け巡り、老廃物を溜め込みやすい体になってしまうのです。このことが原因でニキビや吹き出物が出来やすくなってしまいます。

 

便秘とニキビの改善方法

水分をこまめに摂ること

これが1番大切です。

・1日1リットル〜2リットルの程度の水を飲むように心がけること。

・水は冷たい水では無く常温や白湯がおすすめ(体を冷やさない)

・やさしくお腹をマッサージしてあげる(湯船につかってするとおすすめ)

・適度な運動やお風呂上りのストレッチ

 

まとめ

結果的にしっかりとこまめに水分を摂って便秘にならないようにすることです。

そして、肌に関しては便秘や体内の影響が肌に乾燥やニキビの影響を与えるということがわかったので、まずは便秘にならないことが重要です。

肌に関してはスキンケアもやはり保湿に重視したものが大切です。

便秘からの悪循環にならないように、しっかりと自分の体と向き合ってまずは便秘解消です!

ひどい便秘状態の人はスキンケアの保湿性に満足できないという方も多いかもしれません。

水分をこまめに摂るとトイレに頻繁に行かなきゃいけなくなるから嫌だ。という気持ちもわかりますが、そこは健康と美容のために実践しましょう^^

関連記事:肌荒れの原因は何?新しいスキンケアを試すタイミングが重要?

スポンサーリンク


 - ニキビに関連する病院の話 ,