クレンジングシートをニキビ肌にはおすすめしない3つの理由!

      2017/11/14

スポンサーリンク

クレンジングはみなさんどんなものでメイクを落としていますか?

オイルクレンジング、ミルククレンジング、ジェルクレンジングなど色々とありますが、ニキビに悩む方々はどんなクレンジングの仕方をしているのでしょうか?

 

実はクレンジングってスキンケアの基本と言われるほど大切なことです。

 

メイクがキレイに落ちていないと、いくらその後に高価な美容液やクリームなどを塗っても意味がありません。

逆に洗浄力の強すぎるクレンジングだと肌に必要な皮脂までもごっぞり落とされ、ニキビの原因になるだけでなく乾燥や敏感肌の原因にもなります。

そんな様々なクレンジングの中でも今回はクレンジングシートについて。

よく旅行の時や突然のお泊まりの時などに一時的に買ったりしたことがある方も多いと思います。

こんな時は仕方ありませんが、

これを日常使いすることをニキビに悩む方には絶対におすすめしません。

その理由は3つ!

その辺を今回は詳しくお話ししてお届けしたいと思います。

 

なぜニキビ肌の人のクレンジングシートをおすすめしないのか

仕事や遊びで疲れて帰ってきてメイクも落とすのも面倒、またテレビ見ながら、音楽を聴きながら、〜ながらメイク落としが出来て便利!

などという声もわかりますが、ニキビに悩む方はそこは自分の肌のために一手間かけてしっかりメイクを落として洗顔してください。

 

拭き取る時の肌への摩擦によりニキビに刺激を与える

スポンサーリンク

ニキビは摩擦や外的刺激によって炎症を悪化させます。

クレンジングシートはどうしても拭き取る際に肌に摩擦を加えないとメイクは取れません。

この時ニキビの場所はどうしますか?

キレイにメイクを落としておかないとファンデーションや皮脂、ホコリなどの外的汚れがそのまま肌に残ってしまい出来ているニキビは確実に悪化します。

もしそれが白ニキビだったら拭き取る際に潰れてしまう可能性も大です。そんなことになったらまた白ニキビの治りが遅くなってしまい、とても悪循環になります。

関連記事:白ニキビを早く治す!跡が残らない綿棒でやさしく潰す方法!

 

 

シミや色素沈着を起こす原因にもなる

顔の皮膚は毎日スキンケアやお化粧をしている分、何かしらの刺激を受けています。

クレンジングシートによりさらに刺激や摩擦を毎日のように加えると特に目元や口元などの皮膚はとても薄くデリケートなので日々の刺激により黒ずんでクマのようになったり、色素沈着を起こしてシミのようになり顔に現れます。

また赤ニキビの炎症から色素沈着を起こす場合もあり、ニキビがニキビ跡として残ってしまうことも多いです。

炎症を起こしてしまったニキビは早急に適切な治療をしないと後々、ニキビのクレーター跡として跡が残ってしまいます。

こうなってしまうと一生ボコボコの肌になってしまいます。

関連記事:痛くて治りにくい赤ニキビを早く治す方法は何?知らないと危険!

 

脱脂力が強い(洗浄力が強い)ので乾燥肌や敏感肌にもなりやすくなる

手軽さを1番に考えるとやはり洗浄力は強くなってしまいます。

通常のクレンジングはぬるま湯や水と乳化するとによりメイクが落ちるという機能になっていますが、クレンジングシートはシートのみでメイクを拭き取るという機能なのでこの通常の乳化システムを素肌の上で行ってしまうということです。

そうするとやはりある程度の洗浄力がないとメイクは落ちません。

クレンジングシートで肌を摩擦し、乾燥まで招いてしまうと、ニキビには最悪の状態です。

何度も私の記事内では書いていることなのですが、乾燥はニキビにとって大敵です!

また、繰り返すことにより確実に肌表面のバリア機能が低下します。そして敏感肌へもなってしまうのです。

今まで大丈夫だったスキンケアや化粧品がいきなり合わなくなって刺激を感じたり、ニキビや吹き出物が増えたりした場合はクレンジングシートによる影響かもしれません

関連記事:ニキビを悪化させていた・・・その間違った原因とニキビケアは?

 

まとめ

私自身、続けて何日もクレンジングシートを使ったことはありません。もちろん最近ではなく少し前にたまたまクレンジグを持ち合わせてなかった際に数回使用しましたが、ごっそり乾燥したのを覚えています。

そして出来ていたニキビが潰れました。

ニキビを1日でも早く治したい、キレイな肌になりたいと思っている方はクレンジングシートは絶対におすすめしません。

そこ数分の手間を将来の肌のために頑張ってきちんとクレンジングしてください。シミやニキビ跡の色素沈着になってからでは遅いです。

ニキビに刺激を与えない、悪化させないクレンジングをしてニキビ予防をしてください。

これはあくまでもニキビに悩む方へのおすすめのお話しです。

関連記事:肌の乾燥がニキビの原因に?秋に念入りにすべきニキビ対策とは?

 

スポンサーリンク


 - ニキビの原因になる可能性のあるもの