タバコを吸っても肌が綺麗?!でもシワは消せなかった・・・

      2017/11/14

スポンサーリンク

タバコへの影響は言うまでもなく良くないということはご存知の方も多いと思います。

今日は喫煙者の方々に改めてタバコの肌への影響をお伝えしたいと思います。

もちろん会社で喫煙者が多かったり、タバコ吸って一服したらストレス解消になるとか空腹感も多少満たされるし、とかお気持ちはよくわかります。

私も過去に周りがほぼ喫煙者でいっつも上司や先輩と喫煙室に行っていたので副流煙喫煙者でした。

 

タバコが与える肌への悪いイメージ

タバコ=肌に悪い、ニキビできる、肌荒れする

というイメージを持っていました。そしてタバコを吸うと肌荒れするメカニズムも知っていたし(後ほどご説明します)、実際喫煙者の友人や先輩で肌が綺麗と思う人はいませんでした。

 

・肌がザラザラしている

・ニキビができている

・肌全体が乾燥している

・肌全体がどす黒い

・髪の毛がパサパサしている(肌ではないが)

 

肌は遺伝や体質もあるので一概にタバコを吸っているから肌が汚いというのは断言できませんが、私が今までに出会った人はこういう肌の方ばかりだったので、やっぱりタバコは肌に悪い!というイメージしかありませんでした。

 

 

タバコが与える肌への医学的影響

スポンサーリンク

タバコの3大有害物質という言われているものがニコチン、タール、一酸化炭素と言われています。

ニコチンの影響

ニコチンは人間の血管を収縮させる作用があります。

一酸化炭素の影響によるドロドロ担ってしまった血液が細い血管を流れることになるので体中の隅々まで血液によって栄養を届けることができなくなってしまいます。

そして血行が悪くなり、肌色悪くなったり、肌の新陳代謝が正常に行われず、肌のごわつきやくすみ、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまうのです。

 

タールの影響

タールは発がん性物質です。また、女性ホルモンの働きを低下させる影響を持っています。

よって生理にも悪影響を与えたり、肌の細胞を酸化させてしまう働きが強いことにより、肌に潤いを保つコラーゲンや肌の免疫力を弱くしたり、

紫外線からのメラニンの生成を抑えてくれるビタミンCなどを減少させてしまいます。

 

一酸化炭素の影響

一酸化炭素は、血液中の酸素を体中に運んでくれる「ヘモグロビン」という物質にの働きを邪魔します。

ヘモグロビンは通常、酸素と結合して体内の細胞に酸素を運ぶのですが、一酸化炭素が体内に入るとヘモグロビンは酸素と結合する前に一酸化炭素と結合してしまうのです。

このことにより体内へ充分に酸素が供給されずに酸欠状態になり血液はドロドロに淀んでしまいます。よって肌へも充分に酸素や栄養素が運ばれず肌トラブルを起こしてしまいます。

 

これを読んだだけでもタバコの肌への影響は怖いですね。タバコは肌に限らず体へも悪影響を与えるので、こういうことを知れば知るほど父親にや早くタバコをやめてほしいものです・・・

 

しかし!

 

タバコを吸っているのに肌が綺麗な人は周りにいませんか?

 

 

喫煙歴30年の60代女性の肌がシミ一つない

数年前に出会った60代のご夫婦がいまして、その奥様が肌が真っ白でシミも全然なくもち肌!というくらい肌がキレイで、いつも会うたびに肌が本当にキレイだなぁと思う方がいるのです。

最近よく会うので話をしている中でひょんな話からタバコの話に・・・

なんとその奥様が2、3年前にタバコをやめたばかりで最近でもまた吸いたくなるほどタバコが大好きでヘビースモーカーだったとか・・・

そして喫煙歴なんと30年以上なんだとか。

もうびっくりしてたまげました。喫煙者でこんなに肌がキレイな人を見たのは初めてだったからです。そしてもちろん肌がキレイなので過去に喫煙者だっただなんて誰も思いません。

なんかそれを知った時肌って本当に遺伝や体質が関係しているんだろうなと思いました。

そしてタバコを吸っても、お菓子を食べ過ぎても、不規則な生活でも肌がキレイな人はキレイなんだとなんか自分が少し残念というかなんでこんなにも違うんんだと悲しくなりました・・・

 

肌がキレイな長年の喫煙者のシワ・・・

画像引用先:http://tarumi.livedoor.biz/

先日テレビでふと見たのでした。最近多い専門医の方々が出ているテレビ番組である先生が言っていたのです。

 

「タバコを吸う人は口元のシワが目立ち、ほうれい線が深くなる」

 

そして「タバコを吸っていて肌がキレイな人はいるけれど年齢を重ねるごとに必ず何かしらの肌トラブルが出る可能性は高い」と。シミ、シワ、くすみ、たるみなどです。

 

なぜタバコを吸う人は口元のシワが増えるのか?

たばこを吸う時に口をすぼめますよね。

この繰り返しの動作がシワを作りやすくするのだそうです。

そして、この動作をタバコが与える有害物質の影響から肌に栄養が行き届かなかったり、肌のコラーゲン組織が破壊されたりと乾燥から招くシワの原因も関係しています

 

このことを聞いた時に知り合いの60代の女性を思い出したのです。

確かに肌は真っ白でシミはないけれど、ほうれい線がとても深く口元の特に鼻の下のシワが多かったのです。すっぱいものを食べた時のような感じの口元です。

年齢によるものも関係していると思っていましたが、やはり口元のシワはとても目立っていたのですぐにピンときました。

 

まとめ

タバコは決して肌に良い影響を与えません。

私は今、30代ですが20代前半からタバコを吸っている女性の友人はたいてい肌への共通点があるように思います。1番は顔色が悪くカサカサしているように見えること。

これって本当に30代に入ると一気に老けて見えます。

若い時は良くても必ず加齢と共に肌の悪影響が必ず出てくるということを知ってほしいです。

タバコを吸わないと生きていけない、仕事に集中できないという友人もいるので気持ちもわからなくもないですが、大切な友人や知り合い、家族だからこそタバコの影響を伝えて禁煙してほしいと思います。

スポンサーリンク


 - 身体のニキビや肌トラブル