本気で悩むスギ花粉による花粉症対策!舌下免疫療法ってどんな治療?

      2017/12/02

スポンサーリンク

毎年辛い花粉症の時期・・・

私は数年前にスギ花粉症を発症しました。

アレルギー性鼻炎は少々患っていましたが、スギ花粉症になりアレルギー性鼻炎も悪化しました。

私の場合は主にスギ花粉とハウスダストに反応してしまうアレルギーでした。

くしゃみ、鼻水がとてもひどく、目の痒み、頭痛、肌荒れまでするので

ひどい時は仕事もできないくらい集中力も欠けてしまいます。

そこで、毎年くるスギ花粉の時期

毎年通う耳鼻咽喉科で、舌下免疫療法のチラシポスターを見てとても気になり、リーフレットと

情報収集を始めました。その舌下免疫療法によるスギ花粉症対策内容を今回はご紹介します。

 

スギ花粉症とは

スギの木の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなどの

アレルギー症状を起こす病気です。

スギ花粉が原因(アレルゲン)となるものをスギ花粉症と言います。

スギ花粉症に悩む日本人は26.5%。

日本人の4人に1人がスギ花粉症というデータが出ています。

情報引用先:http://www.eyefulhome.jp/lp/archive/archive_201604_01/index.html

 

スギ花粉の飛散時期

画像引用先:http://xn--o9jl1754aw8sdqdba870h8lci1v.net/archives/36

だいたいは全国的に1月くらいからと言われています。

毎年、スギ花粉の飛散時期や飛散量などが情報として出回っているので情報収集を

早めにすると予防もできます。

スギ花粉症の症状

画像引用先:http://www.torii-alg.jp/cedar/

くしゃみ

鼻水

鼻ずまり

・目の痒み

などです。

このことが原因で日常生活のさまざまな場面で影響を及ぼします。

・イライラ感

・疲労

・睡眠障害

・外出時の支障

・思考力の低下

このような辛い症状や状況になると精神的にも本当に辛くなります。

私はこれプラス頭痛や肌荒れが起きます。

関連記事:必見!花粉症による肌荒れの悪化あり!その対策と予防法は?

 

スギ花粉症の治療法

スポンサーリンク

スギ花粉(アレルゲン)の除去と回避

外出時にマスクやメガネの着用、室内や寝具などを清潔に保つ方法でアレルゲンを回避します。

薬物療法

症状を起こす物質(ヒスタミン)の働きや鼻の中の炎症を抑えて、症状を和らげます。

アレルゲン免疫療法

体をアレルゲンに慣らして症状を和らげます。根本的な体質改善が期待できます。

皮下免疫療法と舌下免疫療法と2種類あります。

手術療法

鼻の粘膜を固くしたり、神経を遮断して、症状を和らげます。

関連記記事:マスクが原因でニキビができる?ニキビが悪化するって本当?

 

アレルゲン免疫療法とは

アレルゲン免疫療法とはアレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、症状を和らげたり、根本的な体質改善を期待できる治療法。

アレルゲン療法の特徴

・アレルギー症状を治療したり、長期にわたり症状を抑える可能性のある治療法。

・アレルゲンを投与することから、局所や全身のアレルギー反応が起こるおそれがあり、まれに重篤な症状が発現するおそれがあります。

治療は長期期間(3 〜5年)

・全ての患者さんに効果が期待できる訳ではありません。

 

3年から5年とう期間は結構長いですね。ここが私にとってちょっと気になるとことではあります・・・

 

2種類のアレルゲン免疫療法

「皮下免疫療法」と「舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)」があります。

皮下免疫療法とは

皮下に注射する治療法で医療期間で行われます。

注射であるため痛みを伴い、さらに治療の始めは徐々に増量するための頻回に通院が必要。

舌下免疫療法とは

舌下に治療薬を投与するため、皮下免疫治療法のような痛みがなく、自宅で服用できます。

しかし、服用量や服用法、副作用に対する対応など、医療期間で行う皮下免疫療法と比べて

より治療に対する患者さんの理解が必要な治療法。

 

日本で、舌下免疫療法ではスギ花粉症、ダニアレルゲンによる通年アレルギー性鼻炎が保険適応となっています。

 

これは助かりますよね!!!

本気で次のスギ花粉の時期が終わったら考えようかと思います。

 

スギ花粉症の舌下免疫療法の服用期間と服用方法

スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉症と確定診断された12歳以上の患者さんが治療を受けることができます。

服用期間の例

1日1回、少量から服用をはじめ、その後定められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。

初めての服用は、医療期間での医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。

少なくとも1ヶ月に1度の受診が望まれます。

服用方法の例

治療薬を舌の下に置き、定められた時間保持した後、飲み込みます

その後5分間はうがい・飲食を控えます。

スギ花粉が飛んでない時期も含め、毎日服用します。

服用時に避けること

服用する前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避ける。

 

舌下免疫療法で期待される効果

長期わたり、正しく治療すると、アレルギー症状を治したり、長期にわたって症状を抑える効果が期待できると言われています。

症状が完全に抑えられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

・くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善

・涙目、目の痒みの改善

・アレルギー治療薬の減量

・生活の質の改善

 

主な副作用

・口の中の副作用として、口内炎や舌の舌の腫れ、口の中の腫れなど

・のどの痒み

・耳の痒み

・頭痛

など

重大な副作用

・ショック

・アナフィラキシーショック

 

これらの副作用があらわれるおそれがあるため、

治療に対するしっかりとした正しい理解が必要です。

文章引用先:http://www.torii-alg.jp/

まとめ

スギ花粉症に関する舌下免疫療法、いかがでしたでしょうか?

私自身かなりひどいスギ花粉症なので今年のスギ花粉の時期が終わったら1度お医者さんに相談

しようと考えています。

もし舌下免疫療法を始めた場合は、実際の費用や期間など詳しくお知らせしますね。

 

この舌下免疫療法で毎年体験する辛い花粉症の症状が改善されたらうれしいなと思います。

スギ花粉症特有の症状とともに肌荒れや頭痛など私自身の悩みも改善されたらと考え、

本気でこの舌下免疫法について調べたのでした。

私と同じようにスギ花粉症で悩む方の為になればと思います。

関連記事:必見!花粉症による肌荒れの悪化あり!その対策と予防法は?

スポンサーリンク


 - 花粉症関連 ,