泡立てネットでの洗顔って不衛生?ニキビの原因になる?

      2017/08/08

泡立てネットを使っての洗顔は今では主流の洗顔法となってきましたね。泡立てネットの値段もピンからキリまであり、高機能な泡立てネットも販売されています。

そんな毎日朝晩の洗顔で使う泡立てネットって使った後どんな保管をしていますか?

 

スポンサーリンク

泡立てネットは菌がたくさん?

洗面所や浴室は湿気が多くカビや雑菌が繁殖しやすい場所です。洗顔をした後に泡立てネットを濡れたままにしておくとカビが雑菌が繁殖して泡立ちが悪くなったり、そのカビや雑菌がついたまま洗顔をすると肌荒れを起こしたり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖してニキビができる可能性があります。

 

泡立てネットは保管法さきちんとすればカビや雑菌は防げる!

泡立てネットをそのまま濡れたシンクやお風呂場に置くのではなく乾燥させて濡れたままにしないようにすればいいです。

・フックにつるして乾燥させる

・できれば天日干しする

・タオルで拭いて水分を取る

などなど、とにかく濡れたままにしないこと。それさえ気をつければ泡立てネットは100均でも泡立てネットは売っているしモコモコの泡を作ってくれるとっても素敵な商品です!ニキビの原因にもならないし、モコモコの泡で洗顔すればニキビにも刺激にならず泡でやさしく洗顔できます。

関連記事:洗顔は絶対に泡でするべき!美肌におすすめの泡洗顔法!

 

特に湿気の多い梅雨の時期は泡立てネットに限らずカビが雑菌が繁殖しやすい時期なので要注意です。

いやですね〜。私は梅雨の時期が1年の中で一番嫌いな時期です。ジメジメ大嫌いです。

 

そんな中で毎日使うバスタオルも菌がすごいとか・・・

 

スポンサーリンク

使用後のバスタオルは雑菌だらけ??

バスタオルって毎日変えていますか?中には2、3日に1回、1週間に1回しか洗わないという人もいると思います。お風呂に入った後のキレイな体を拭いたタオルだしそんなに汚くないから何日か使ってもいいやぁ!とお考えの方も多いようです。しかし、その雑菌の数はすごい・・・

1度使用したバスタオルにはシャワーを浴びた後でもタオルで体を拭く際に、汗や体の角質など少なからず付着しているので決して使用前と同じようにキレイではありません。

1度使用すると、洗濯直後の100倍もの雑菌が付いていると言われ、1週間使い続けるとその雑菌の数は100億個と言われています。この雑菌の数は排水溝に住んでいる雑菌の数と同じくらいです。

 

これ聞いただけでゾクゾクしますね・・・

 

もちろん中には別に肌荒れとか起こしたことないし自分は大丈夫!という方もいると思います。しかし、体力や免疫が低下した時には肌はとても敏感になってしまい、突然肌荒れを起こす可能性もあります。

なのでできれば毎日バスタオルは洗うようにしたいですね。もし難しい方は、できれば天日干ししてしっかり乾かすだけでも違います。

 

まとめ

泡立てネット、バスタオルと共に濡れたまま湿気のある場所に放置することが雑菌の繁殖につながり、その雑菌が肌荒れやニキビを起こしてしまう可能性があるということです。

なので、泡立てネットは乾燥させて保管すること、バスタオルはなるべくなら毎日洗いたいものですね。特に湿気の多い梅雨の時期には要注意です!

そして、肌荒れやニキビは特に体や免疫が弱っている時に起こりやすいです。これは突然起こることなので危険です。しっかりと栄養のある食事や運動で免疫力を強くしてちょっとやそっとの雑菌なんて吹き飛ばせー!くらいの勢いで免疫力も強くさせましょう!

関連記事:免疫力低下でニキビが大量発生!免疫力が低下した原因とは?

スポンサーリンク

 


 - ニキビの原因になる可能性のあるもの