ニキビに効くベピオゲルの効果が知りたい!副作用は必ず出るのか?

スポンサーリンク

私が今1番オススメするニキビ薬を紹介します。私自身中学生の頃からニキビに悩み現在はかなり改善されましたが、生理前や生活環境が変わるとすぐにポツンとできてしまうニキビ体質でして、皮膚科のニキビ薬は常時冷蔵庫に入っています。ないと何か不安になるんです・・・

その薬が2年前に皮膚科でもらったベピオゲル。使用してからのニキビへの効果に驚きました。そのベピオゲルについて今回は私の体験も含め詳しく紹介します。

 

ベピオゲルとは

ニキビの治療薬で主成分は「過酸化ベンゾイル」という成分です。この成分は海外では以前からニキビ治療薬として使用されていましたが日本で認可されたのは2015年から。なので2015年から日本の皮膚科で処方されるようになりました。

画像・文章引用先:https://www.bihakuskincarenavi.com/

関連記事:私が皮膚科でもらったニキビ薬で一番効いたのはコレ!

 

 

ベピオゲルの主な2つの効果

殺菌作用

主成分である「過酸化ベンゾイル」という成分がニキビの原因となる「アクネ菌」を殺菌する作用があります。またこのアクネ菌は酸素を嫌います。ベピオゲルを皮膚に塗った時にこの過酸化ベンゾイルという成分が酸素を発生させ、アクネ菌を殺菌してくれるのです。よってニキビによる赤い炎症や腫れなどが治るという仕組みになっています。

ピーリング効果

同じく過酸化ベンゾイルという成分が角質を剥がれやすくする作用を持っています。この作用によってニキビの原因となる毛穴詰まりを予防してくれるのです。また古い角質を剥がれやすくなることで、角質層が健康な状態になり肌の新陳代謝も整うので過酸化ベンゾイルが皮膚の奥まで入りやすくなり、ニキビの予防にも繋がります。

 

ベピオゲルの副作用

上記のようにピーリング作用があるということもあり、古い角質が剥がれるということは皮膚の皮が剥けたように白く粉を吹いたようになる場合があります。

・皮膚が赤くなって痒みがでる

・皮が剥けて粉を吹く、乾燥する

・ヒリヒリする、刺激を感じる

これらの副作用は臨床試験で確認されている副作用です。肌が強い人は副作用はあまり感じないらしく皮膚が薄くて敏感肌の方は副作用が出やすいようです。しかしこの副作用は薬が効いている証拠でもあるので根気強く我慢して使用すると肌が慣れてきます。

ベピオゲルは使った初日から副作用が出る可能性が高いです。あまりにも刺激を感じて肌の状態がなかなか治らないという場合は皮膚科医の先生に相談してみてくだい。

<私はこの3つのすべての副作用を体験しました。特にひどかったのは痒みがとてつもなく、寝ている間に掻いて朝起きたら真っ赤になっていることが多々ありました。乾燥がひどくなる場合はヒルドイドと共に処方された時もありました。

保湿が満たされていれば乾燥は免れるのでお風呂上がりや洗顔後にまず化粧水やクリームなど通常のスキンケアをして最後にベピオゲルを塗ると少しは副作用の刺激を軽減できます。効果はさほど変わらないので参考にしてください。>

 

スポンサーリンク

 

どんな種類のニキビにも効くのか?

画像引用先:http://bb86ku.mobi/

・炎症を起こした赤ニキビ

・膿を持った白ニキビ

・酸化して毛穴が詰まった黒ニキビ。

ニキビにも種類がありますがこのベピオゲルはどのニキビにも効果をもたらしてくれると言われています。しかし、腫れがひどいニキビや化膿したニキビなど痛みを感じるようなひどいニキビには適さない可能性があります。皮膚科に行った際に詳しく皮膚科医の先生の指示を聞いてください。

 

<私の体験上、最も効果のあるニキビタイプは白ニキビでした。ニキビを潰すことは素人がするととっても危険行為ですが清潔な綿棒で白ニキビの膿と芯を出しそこにベピオゲルを塗るとニキビの治りがとてつもなく早いです。一晩寝れば腫れは確実にひいています。後は跡が残らないようにするだけ。

一番気をつけたいのは炎症したシコリのような赤ニキビです。このタイプのニキビにベピオゲルを塗ってもなかなかすぐには治りませんが、悪化することを防いでくれるので最悪の事態を避けることはできました。>

関連記事:白ニキビを早く治す!跡が残らない綿棒でやさしく潰す方法

関連記事:黒ニキビの治し方!安全な芯の出し方とおすすめの薬の紹介!

 

 

ベピオゲルが今までのニキビ薬と違うところ!耐菌性を生じにくい!

今までニキビ治療薬として処方されていたダラシン、アクアチムなど抗生物質を主成分としていたニキビ薬がほどんどでした。これらの薬もニキビの原因であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などの増加を抑える効果を持っていましたが、デメリットとして『抗生物質は使い続けると「耐菌性」を生じて効かなくなる』という恐れがあったのです。

しかしベピオゲルは抗生物質ではなく、前にもお話しした通り酸素を発生させてアクネ菌を殺菌するという性質を持っているので「耐菌性」を生じる心配がないというメリットを持ち、繰り返し使用しても効果をその都度もたらしてくれます。

<これは本当にこの通りで以前ディフェリンゲルを使用していた時、使用し始めはとてもよかったのですが数年繰り返し使っていたら効き目が全く感じられなくなりました。その点ベピオゲルはニキビができるとその度に塗っていますが軽いニキビだと即効性をもたらしてくれるので本当に助かっています> 

 

 

ベピオゲル使用時の注意点

・使用するのは必ず1日1回夜のみ。ベピオゲルを日中塗って紫外線を浴びるとシミになりやすくなります。ベピオゲルで治療中の方は日中も紫外線を浴びることには注意です。ニキビは紫外線によって悪影響にしかならないので日頃から日焼け対策は念入りにしてください。

・保管する時は25度以下の冷暗所。または冷蔵庫。

・目や口元など特に皮膚の薄い場所はには塗らないこと。刺激が強いので炎症が起きる可能性があります。

・漂白作用があるので衣類やタオルなどにつくと色落ちする可能性があります。

 

 

まとめ

ベピオゲルのニキビへの効果や特徴がわかったと思います。本当に私はベピオゲル様様だと思っています。ニキビができて適切な処置をすればニキビ跡を残さずにキレイな肌に戻すことができるのです。ベピオゲルはそのための救世主です。突然の友人からの誘い、明日明後日に迫ったデートの前にできたニキビをせめて化粧で目立たなくなるくらいに治したいですよね。そんな時大活躍ですよ^^

ニキビはベピオゲルで治る!でもそれ以前にニキビができないような肌にすることが一番大切です。日頃の洗顔方法や食生活など自分の身の回りのこともこれを機に見直してみてください。脱ニキビ肌!!!

オススメ記事:正しい洗顔の回数は何回すべきか?ニキビ肌やオイリー肌の人の場合

オススメ記事:ニキビを招く3つの間違った洗顔の仕方

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です