生理時の腰痛がひどい!長年悩んで見つけた腰痛の緩和法!

      2017/11/14

スポンサーリンク

生理前や生理中の生理痛腰痛に悩まされているという方多いですよね。

私もその中の一人です。

私は生理が始まって中学生の頃から腰痛ひどいです。現在30代。

毎回のように生理中の1、2日目は必ず腰痛がひどくなります。

この長年の経験から

どうしたら腰痛が少しでも緩和するか、寝る時に少しでも気持ちよく寝ることができるか

色々と考え、体験していくつか腰痛改善法を発見しました。

そのことを今回は悩む方々にシェアさせていただきたいともいます。

 

生理による腰痛の原因は何?

生理前、生理が始まると黄体ホルモン(プロゲステロン)が影響しており、

血液が骨盤内に滞りやすくなることにより腰痛が起きたり、腰が重くなったりすると言われています。

また、元々腰痛持ちの人は生理前により腰痛がひどくなる可能性があります

生理前2〜3日の腰痛は生理的な変化の1つなので問題ありませんが、

腰痛がひどく生活に支障が出たり、我慢できないほどの痛さがある場合は

「子宮内膜症」など婦人科系の病気の可能性もあるので気づいたら早めに婦人科を受診してください。

 

私自身、20代前半にぎっくり腰になりそれから椎間板ヘルニアになり慢性的な腰痛持ちとなってしまいました。

そして生理痛もひどい・・・ダブルアタック状態です(涙)

しかし、この経験から特に生理前、生理中の腰痛を少しでも緩和したい!

そして、少しでも心地よく快適に生理生活を送れるようにいろいろと研究しました。

 

関連記事:生理前のイライラをアロマオイルで解消!ゼラニウムの効果は?

 

生理前、生理中の腰痛を緩和する方法

スポンサーリンク

よく雑誌やネットで見ると、

「体を温めること」「ストレッチをする」

などと書いてあります。これはその通りで、

まずは温めると本当に緩和されますが、私自身が実際やっている腰痛緩和法も参考にしてみてください!

 

お腹と腰を温める

夏でもお腹周りだけは冷やさないことが大切です。

腹巻をしたり、湯たんぽやホッカイロを腰やお腹周りにあてて温めるととても気持ち良いです。

また、飲み物はなるべく温かいもの、白湯でもOK。

食べ物も温かいものが良いです。

体が冷えると痛みをひどく感じたり、不快な状態が続きます。

 

お風呂に浸かる

お猿さんも気持ち良さそうですね〜。

最近は、シャワーで済ませる人も多いですが、

生理の時は湯船に5分〜10分くらい浸かるだけでも全然違います。

湯船に浸かると不思議に腰痛や腹痛が治まります

体の芯から温まりお風呂から上がった後も体が冷えにくいです。

これが温泉だとより体の温かさが持続します。

関連記事:湯布院でおすすめの日帰り温泉ベスト3!(立ち寄り湯限定)

 

抱き枕をつかう

生理前、生理中の初期は腰痛や腹痛で寝不足になったりしませんか?

そして、なかなか仰向けでジッと寝ることができず何度も寝返りをしたりして、

寝心地が悪いという体験を毎回していました。

腰痛持ちの人は仰向け、うつ伏せで寝るよりも横向きに寝た方が腰に負担がかからないのです。

 

抱き枕を使って上向き側の手足にも負担がかからないように抱き枕で支える、

と腰も含め体全体に負担がかからず快適に寝ることができます。

 

実際にカイロプラクティック、整骨院に通っていた時に先生にも言われました。

 

まとめ

上記に書いているように腰、お腹周りを中心に体を冷やさないことが大切です。

子宮を冷やすことも生理痛をひどくする原因と言われているので私は布ナプキンを使っています。

なるべく薬に頼らずに生理痛を緩和したいとずっと思い、現在でも色々と食べ物や飲み物から気をつけています。

日頃から姿勢を気をつけることも大切です。

家にいる時あぐらをかいたり、立膝たてて座ったり、日頃の積み重ねも生理時の腰痛と関係しています。

私自身が一番気をつけないといけないことなのですが、もし生理前、生理中の腰痛にお悩みの方がいたら参考にしてほしいです。

抱き枕は本当におすすめです^^

関連記事:絶対におすすめな布ナプキン!おかげで生理生活が楽しくなった!


 - 生理に関するお話 ,