ニキビに効くアロマオイル(精油)!その使い方と効果は?

      2017/11/05

スポンサーリンク

ニキビに効くアロマオイル(精油)

なるべく薬に頼らず、自然なものでニキビを治したい。

そして、ニキビ肌な体質を改善したい。そういう考えの方もいると思います。

私がまさしくそうでしてアロマの勉強をし、アロマ協会の資格を取りました。

今回はニキビに効き目のあるアロマオイルとその使い方の紹介をします。ぜひご興味のある方は日常生活の中に入れてみてください!

 

皮膚に触れて直接ニキビに効果のあるアロマオイル

スキンケアとしてキャリアオイル(ホホバオイルやマカデミアナッツオイルなど)とまぜて手作りスキンケアやマッサージオイルとして使ったり、

お風呂に入れたりして使用することがオススメのアロマオイルです。

肌へ直接触れる場合はスキンケアとしての使用が主です。

※アロマオイル(精油)は高濃度なので精油をそのまま肌につけると刺激がある精油もあります。使用前に必ず使用上の注意をご確認ください。

 

・イランイラン

・ローズマリー

・サイプレス

 

これらは3つとも皮脂の分泌を調整してくれる作用を持っています。

なので脂性肌の方にはオススメです。ニキビの原因である過剰な皮脂分泌をうまく調整してくれるのでニキビ予防に最適です。

ローズマリーとイランイランは結構どこでも手に入りやすいです。

イランイランはエキゾチックな香りでこの香りには好き嫌いがあると思いますが、肌だけでなく香りとして芳香浴として使用すると、

イライラや不安を和らげてくれる作用があるので気分をリフレッシュしたりゆっくりリラックスする時芳香浴として使っても良いです♫

 

香りとして嗅覚からニキビに効果のあるアロマオイル

スポンサーリンク

芳香浴として香りを嗅いで身体の中へ香りとして運ばれ脳や神経、ホルモンに影響を与えるアロマオイルです。

アロマランプに入れて家で芳香浴として主にお楽しみください。

夏はランプタイプ、冬は加湿機能のついたアロマディフューザーも良いです。ハンカチやティッシュに数滴つけて日頃使うバックの中に入れておくのも良いです。

 

・ゼラウム

・ラベンダー

・クラリセージ

 

ゼラニウムとクラリセージは生理前や生理中のホルモンバランスの変化による腹痛や精神的な気分の不快感などの効果的です。

ラベンダーは精神安定やリラックス作用があります。寝る前に芳香浴するとぐっすり眠ると言われています。

生理前のホルモンバランスの乱れにより皮脂量がアップしてニキビができる人にはとてもオススメです。

そして、生理前は気分も落ちてイライラしがちになるのでそういう時に芳香浴すると気分も楽になり、肌も落ち着きます。

 

関連記事:生理前のイライラをアロマオイルで解消!ゼラニウムの効果は?

関連記事:ストレスニキビの治し方!ストレスニキビはスキンケアじゃ治らない。

 

まとめ

肌からも嗅覚からもニキビに効果的なアロマオイルを有効的に使って、自然とニキビから遠ざかるなりたいものですね。

 

精神面に影響を与える芳香浴の効果は副交感神経を優位にしてくれつため、ストレスの軽減や精神の安定にとても効果的です。

たまにはお家でアロマでも炊きながらゆっくりと好きなことをしてすっぴんですごすことは精神的にも肌にも美容効果をもたらしてくれます。

しかし、アロマオイルは自然なものなので、使用法をしっかりと理解して、使用してください。

また、アロマオイルは薬ではないので即効性は期待しないでください。

ぜひ参考にアロマを取り入れた生活をしてみてください!

 

※アロマオイルを使用時の注意

アロマオイルを使用する時は使用上の注意をよく読んで使用ください。使用量や使用場所、そして妊婦さんは使用してはいけないアロマオイルもあります。また、グレープフルーツやレモンは光毒性という作用を持ち、日光(紫外線)に当たると日焼けをしやすくなり最悪の場合、火傷状態になります。精油は濃度が高いので必ず薄めて使用することなど充分に気をつけてくだい。

関連記事:生理前のイライラをアロマオイルで解消!ゼラニウムの効果は?

スポンサーリンク


 - 肌が敏感な方、ニキビ肌の方へオススメ , ,