活性酸素が原因で肌が老化?ニキビの原因にもなる活性酸素

      2017/11/14

スポンサーリンク

活性酸素という言葉を聞いたことがありますか?

私自身、長年ニキビに悩み、今まで散々ニキビのことをネット検索してきました。そして30代に入りニキビに限らずエイジングケアも気にし始めた私なのですが、様々な記事を見ていく中で目につくようになりました。

なんとなく聞こえから化学的な感じがする、難しそう・・・

正直私は化学は得意な方ではなかったので専門的なことになると興味がないので気にしませんが、ニキビやエイジングケアなど肌のことになるとこれは知っておくべき!というか仕組みを知りたいと思い調べました!

これからの将来のスキンケアと密接に関係していることだったので私なりにお伝えしたいと思います。

 

活性酸素って何?

人間が生きていく上で必要なものであり、体内で酸素を利用して代謝が行われる際に必ず発生するもの。体に入ってきた細菌類を取り除く働きを持っています。しかし、強い酸化力を持つため、活性酸素が体内で増えすぎると老化やさまざまな病気の原因になる可能性があります。

 

活性酸素を過剰に発生させるもの

スポンサーリンク

ストレス

人は適度なストレスは生きていく上で必要と言われていますが、ストレスを受けるとそのストレスと緩和させるためのホルモンが分泌されます。そのホルモンが分泌される際に活性酸素も同時に発生させてしまいます。

紫外線

皮膚が紫外線を浴びると紫外線から体を守るために活性酸素が発生します。

タバコや飲酒

タールやニコチンなど有害物質が体内に入ると、それらから体を守るために活性酸素が発生します。またアルコールの場合はアルコールを体内で分解する際に活性酸素が発生します。

激しい運動

激しい無酸素運動の場合、呼吸が増えるので酸素を摂取する量が増えることにより、kっ生酸素の量も増えます。

食生活の乱れ、添加物

体に良くないものが体内に入るとそれを守るために活性酸素が発生します。

 

これらのことを読んでわかるように、まとめて言うと人間は生きていく上で活性酸素は必要不可欠だということ。そしてこの活性酸素を過剰に増やしてしまうことが肌や体への病気に繋がるということです。

 

過剰な活性酸素が引き起こす肌トラブルとは

ニキビ

ニキビは皮脂が毛穴に詰まってしまうことが原因なのですが、活性酸素により毛穴に詰まった皮脂が酸化して炎症を起こしたり、ニキビの状態が悪化して毛穴の周りの皮膚細胞を傷つけたりしてしまいます。

毛穴の皮脂が酸化して黒く見えるのは皮脂が酸化しているからです。その状態が上記のさまざまな原因で過剰に活性酸素が発症するとニキビが多発したり炎症をおこしてしまいます。

 

シミ

皮膚の中に紫外線が入ってくると、シミの原因となるメラニン色素が作られる指示が皮膚内で行われ、シミができます。メラニン色素は活性酸素を材料にして作られているのです。肌が健康な場合は、このメラニン色素が肌のターンオーバー(新陳代謝)で皮膚の表面に押し上げられ排泄されるのですが、ターンオーバーが乱れると肌にシミとなって残ってしまいます。

関連記事:肌のターンオーバーの意味って何?肌の新陳代謝とも言う?

 

シワとたるみ

活性酸素が増えると肌のハリやうるおいを保っているコラーゲンやエラスチンなどの組織までも酸化させて細胞を破壊してしまいます。

よってシワやたるみができてしまいます。これは紫外線の影響による活性酸素の発生が多く影響しています。

 

 

予防法と改善法

活性酸素を過剰に発生させないことが大切なので、上記の過剰に発生させるものに気をつけることはもちろんですが、やはり体内の事なので日頃の食事からうまく摂取していく事が大切です。

過剰な活性酸素の発生=酸化させる

ということなので抗酸化作用のあるものを積極的に取りましょう!この「抗酸化」という言葉も良く聞きませんか?最近私はテレビで赤ワインの抗酸化作用はすごい!ということを学びました。

特に抗酸化作用の強いもので日常生活に取り入れやすいものを紹介します。基本的には緑黄色野菜、豆類、乳製品、発酵食品、果物などをバランスよく食べれば抗酸化作用は十分です!その中でもこの3つ!

ポリフェノール

ビタミンC

カロテノイド

ポリフェノールは赤ワインやブルーベリー、ビタミンCは柑橘系のみかんやレモン、夏はにがうりなどビタミンCたっぷりです。カロテノイドは赤や黄色など緑黄色野菜やエビやカニなどに多く含まれています。

最近は、サプリメントもあるので1日3食の規則正しい食事を基本としてサプリメントで補うのも一つの方法です。

関連記事:赤ワインで美肌効果?ポリフェノールの美肌と健康への効能は?

関連記事:夏に食べるべき!にがうりの栄養効果で夏のニキビを防ごう!

 

 

まとめ

活性酸素というものの役割、そして肌への関係性がわかっていただけたでしょうか。

活性酸素というものが肌へどんな悪影響を与えてどんなトラブルとなって現れるかという事を知っていただきたく書かせていただきました。

私事ではありますが、この活性酸素の関係から抗酸化作用のある食べ物や飲み物を最近積極的に摂取しています。

特に赤ワインやブルーベリーです。なんでも食べすぎは良くないので毎日、2日に1度と決めて摂取しています。

おかげで肌の調子がすこぶる良いです!

30代にもなって本当にエイジングケアをしていかなければと思い必死で日頃の生活から気をつけています。是非みなさまの参考になればと思います!

関連記事:赤ワインで美肌効果?ポリフェノールの美肌と健康への効能は?

スポンサーリンク


 - ニキビの原因になる可能性のあるもの